Rakuten infoseek

辞書

敦煌【トンコウ】

デジタル大辞泉

とんこう〔トンクワウ〕【敦煌/燉煌】
中国甘粛省北西部のオアシス都市古来から西域との交通の要衝。南東郊外に敦煌石窟がある。トゥンホワン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

敦煌(とんこう)
1988年公開の日本映画。監督脚本佐藤純彌原作井上靖、脚本:吉田剛。出演西田敏行、佐藤浩市、中川安奈、新藤栄作、原田大二郎、三田佳子、柄本明ほか。第12回日本アカデミー賞最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞(西田敏行)受賞。第31回ブルーリボン賞作品賞受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とんこう【敦煌 Dūn huáng】
中国,甘粛省北西部の酒泉地区に属する市。人口12万(1994)。河西通廊あるいは河西走廊とよばれる地帯の西端に位置するオアシスの町で,シルクロードの中国側の出入口に当たる最重要の地であった。1984年になって近郊に飛行場が完成したが,それまでは鉄道が通っていないため,およそ200kmはなれた蘭新線(蘭州ウルムチ)の柳園駅から車で行くか,幹線自動車道路の甘新公路上の安西県から分岐する安敦公路で西に120kmの行程を踏んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とんこう【敦煌】
中国甘粛省北西部のオアシス都市。紀元前二世紀に漢の武帝が敦煌郡を置いてから西域交通路の基地として栄えた。約五〇〇の石窟寺院の群集する千仏洞は、石仏・壁画の仏教芸術の世界的遺跡。1900年王円籙えんろくが発見した一〇世紀以前の写本類は、1907、8年、スタイン・ペリオらによって世界に紹介された。現在、敦煌文物研究所がある。トゥンホアン。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

敦煌
とんこう / トゥンホワン
中国、甘粛(かんしゅく)省にある県級市。酒泉(しゅせん)地級市に属する。人口14万1969(2012)。内陸アジアの乾燥地帯に属し、ゴビ(土漠)中のオアシスにある。歴史上、瓜州(かしゅう)、沙州(さしゅう)、燉煌ともよばれた。市内を蘭新(らんしん)線、敦煌線(柳溝(りゅうこう)―敦煌)が通るほか、市街近郊には敦煌空港がある。近年、風力発電産業が盛ん。[池田 温・編集部]

歴史

前漢の武帝(在位前141~前87)時代に、匈奴(きょうど)に対抗し漢の軍隊が黄河(こうが)の西方に進出したとき、駐屯地となり敦煌郡が設けられたのに始まる。兵士の屯田により農地が開け、漢の西域(せいいき)進出の基地となり、玉門関、陽関の両関が置かれ辺防の要衝となった。ここは中国から中央アジアを経て西方世界に達するシルク・ロードの要地で通商の拠点となり、諸族雑居しイラン系のソグド商人の集落もできた。
 西晋(せいしん)時代には、著名な将軍で能書の誉れ高い索靖(さくせい)(239―303)や、敦煌菩薩(ぼさつ)とうたわれた訳経僧竺法護(じくほうご)を生み、文化水準も内地並みに高まった。戦乱の五胡(ごこ)十六国時代に、河西(かせい)の地は相対的に安定し、前涼(ぜんりょう)、北涼、西涼など諸朝を通じ敦煌は発展期を迎え、一時西涼の国都ともなり、著名な石窟(せっくつ)寺院(千仏洞=莫高窟(ばっこうくつ))が開削され、仏教文化の中心地として栄えた。5世紀初め北魏(ほくぎ)に征服され多くの有力豪族が代都に移されるに及び、やや衰退したが、北朝から隋(ずい)・唐にかけてシルク・ロードの要衝として東西文化の交流に一定の役割を果たした。8世紀盛唐には、13郷約6000戸、3万余の人口を擁し、莫高窟に北・南の両大仏が造顕され、絢爛(けんらん)たる浄土図などの壁画で飾られた。ところが安史の乱により唐の勢力は後退し、吐蕃(とばん)(チベット)に数十年間占領されてのち、848年土豪の張議潮(799―872)が吐蕃の内紛に乗じこれを追い、唐に帰順して帰義軍節度使に任ぜられた。
 以後、唐、五代、北宋(ほくそう)を通じおおむね中原(ちゅうげん)の正朔(せいさく)を奉じたとはいえ、通交は不安定で独立地方政権に近く、張氏、曹氏が節度使を世襲し、遼(りょう)、甘州回鶻(かいこつ)(ウイグル)、于(うてん)(ホータン)など諸族政権と複雑な関係を取り結び、東西交易仲介の利を図った。11世紀なかばにタングートの支配下に陥り、ついでモンゴル、吐魯番(トゥルファン)のウイグルの勢力下にあってのち、18世紀に至り雍正(ようせい)年間(1723~1735)に清(しん)朝の管轄するところとなり、ふたたび多数の漢人が入植し、千仏洞で名高い観光都市となった。
 20世紀初め、石窟の一室に封蔵されていた数万点の古写本断巻、幡幢(ばんとう)などが発見された。これがM・A・スタインやペリオによりイギリス、フランスに持ち出され、にわかに敦煌資料の貴重な価値が喧伝(けんでん)され、「敦煌学」とよばれる新研究領域が開かれ、文献学者や美術史家の注目の的となった。新中国は敦煌研究院(旧、文物研究所)を設け石窟の修復保存と研究に努めている。[池田 温]

世界遺産の登録

2014年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「シルクロード:長安―天山(てんざん)回廊の交易路網」の構成資産として、玉門関、懸泉置(けんせんち)遺跡などが世界遺産の文化遺産に登録された(世界文化遺産)。[編集部]
『榎一雄編『講座敦煌1 敦煌の自然と現状』 『講座敦煌2 敦煌の歴史』(1980・大東出版社) ▽池田温編『講座敦煌3 敦煌の社会』(1980・大東出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

敦煌
とんこう
Dūnhuáng
中国甘粛省西端にあるオアシス都市
前漢の武帝が郡を置いてから西域への要衝となった。五胡十六国時代には独立国家を形成したが,これ以後漢民族と西域諸民族の間で争奪がくりかえされた。南東約15㎞の地に,3〜4世紀から13〜14世紀にわたって建造された千仏洞 (せんぶつどう) (石窟寺院)があり,各時代にわたる仏像・壁画などの仏教美術が保存されている。20世紀初頭にイギリス人スタイン,フランス人ペリオによって1石窟から10世紀以前と思われる写経数千巻が発見され,仏教史研究に貢献した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

敦煌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

敦煌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.