Rakuten infoseek

辞書

敦煌莫高窟【とんこうばっこうくつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

敦煌莫高窟
とんこうばっこうくつ
Dun-huang mo-gao-ku
中国,カンスー (甘粛) 省トンホワン (敦煌) 県のミンシャーシャン (鳴沙山) にある大石窟 (千仏洞) 。前秦,北魏,西魏,北周,隋,唐,五代,宋,元代に続営され,今日知られる石窟だけでも総数 490ヵ所以上に達している。 1907年イギリスの M.A.スタインが,1908年にはフランスの P.ペリオが数多くの古文書絵画,工芸品を持ち帰り,石窟を紹介した。さらに,ロシア,アメリカ,日本の探検隊が相次いで訪れ,中国の陳方里,向達,張大千らも調査を行なったが,解放後は敦煌文物研究所が開設され,調査研究が進められている。石窟内に描かれた壁画は壁面に漆喰を塗り,その上に描いたもので,仏教経典の広範な内容を主題とし,西方様式と中国様式の共存が認められる。また,石窟内に安置された塑造の仏像にもインド様式の影響が顕著にみられ,西方の作風が敦煌を経由して中国にもたらされたことが,明確に示されている。これらの膨大な文書や絵画をもとに「敦煌学」と呼ばれる新たな研究分野が生まれた。 1987年世界遺産の文化遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とんこうばっこうくつ【敦煌莫高窟 Dūn huáng mò gāo kū】
中国,甘粛省敦煌県の県城の南東17kmにある仏教石窟。敦煌千仏洞ともいう。敦煌周辺にある西千仏洞,楡林窟,水峡口窟とあわせて四つの石窟群のうち最も規模が大きく,造営期間が4世紀より千年の長さに及び,壁画,塑像など優れた遺品がすこぶる多い。1900年(光緒26)道士王円籙によって,一小窟(現在の第17窟)から4~5万点にのぼる古写本等の古文書や画巻が発見され,世界的に敦煌学が起こるきっかけとなった。莫高窟は1737年(乾隆2)常鈞が《敦煌雑抄》で紹介しているが,その学術研究は1823年(道光3)徐松が《西域水道記》に碑文を記録し,莫高窟の草創を考証したのが始まりである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

敦煌莫高窟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

敦煌莫高窟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.