Rakuten infoseek

辞書

散髪【サンパツ】

デジタル大辞泉

さん‐ぱつ【散髪】
[名](スル)
のびた髪を刈ること。刈って髪を整えること。「一か月ごとに散髪する」
散髪脱刀令以後流行した男の髪形。ざんぎり。
元結を結わないで、ばらばらにしてある髪。散らし髪

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さんぱつ【散髪】
( 名 ) スル
髪を刈り、形を整えること。調髪。 「 -に行く」 「 -してもらう」
元結もとゆいを結わずに下げた、乱れた髪。ちらし髪。
斬髪」に同じ。
散切り」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐ぱつ【散髪】
〘名〙
① 元結を結わないで、ばらばらに散らした髪。また、元結がほどけたりして、髪がばらばらに散ること。ちらし髪。乱髪。斬髪
※江戸繁昌記(1832‐36)三「脳裂け、瞼破れ、散髪淋漓、鮮血踵に滴る」 〔揚雄‐太玄賦〕
※新聞雑誌‐一〇号・明治四年(1871)八月「散髪(サンハツ)制服略服脱刀等自今勝手たるべく」
③ (━する) 髪の毛を切り、ととのえること。調髪すること。また、それを業とする人。散髪屋
※蔭凉軒日録‐寛正四年(1463)一一月一九日「松王殿今日巳刻為喝食。可截髪也。其刻截髪。為喝食着衣也。今日散髪脱冠也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちらし‐がみ【散髪】
〘名〙 髪を結ばずに下げ散らしておくこと。また、その髪。さばきがみ。さんぱつ。
※雑俳・媒口(1703)「追々に荷取りの馬士がちらし髪(カミ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばらけ‐がみ【散髪】
〘名〙
① ばらばらに振り乱れた髪。乱れ髪。ざんばら髪。ばらげ。
浄瑠璃国性爺合戦(1715)千里が竹「またたく間に剃り仕廻ひ二櫛半のはらけがみ」
② 江戸時代、歌舞伎役者が楽屋にいるときに結った簡単な髪の結い方。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

散髪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

散髪の関連情報

他サービスで検索

「散髪」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.