Rakuten infoseek

辞書

散漫【サンマン】

デジタル大辞泉

さん‐まん【散漫】
[名・形動]
ちらばり広がること。
まとまりのないさま。集中力に欠けるさま。「散漫な話」「注意力が散漫だ」
[派生]さんまんさ[名]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

さんまん【散漫】
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
ちらばってまとまりのないさま。焦点が定まらないさま。また、気が散るさま。 「 -な論旨」 「注意力が-だ」
散満」に同じ。 「 -して古馗を塞ぐ/本朝続文粋」
[派生] -さ ( 名 )

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さん‐まん【散漫】
〘名〙 (水などの飛びちるさまをいうところから)
① (━する) ちらばりひろがること。
※江吏部集(1010‐11頃)下・三月三日夜於員外藤納言文亭守庚申同賦桃浦落花「春尋桃浦花行、花落船中散漫軽」 〔水経注‐廬江水〕
② (形動) 物事をやるのに、気がってしまりのないさま。とりとめのないさま。
※応永本論語抄(1420)述而第七「散の心をととのへて、神と吾と一源にするを云」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一一「読書の散漫(〈注〉キマリナキ)なるは、懶惰中の最も甚しきものなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

散漫」の用語解説はコトバンクが提供しています。

散漫の関連情報

他サービスで検索

「散漫」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.