Rakuten infoseek

辞書

散文詩【さんぶんし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

散文詩
さんぶんし
prose poem; poème en prose
定型韻律・押韻形式はもちろん,自由詩の顕著なリズムももたず,また一般に行分けをせずにパラグラフ単位で統一される詩であるが,散文詩にもおのずから内容の高潮に伴うリズムがある。アロイジュス・ベルトランの『夜のガスパール』 (1842) を先駆とし,ボードレールの『パリの憂鬱』 (69) ,ランボーの『イリュミナシオン』 (86) など,フランス象徴派によってジャンルとして確立された。ほかにツルゲーネフの『散文詩』も有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

散文詩
さんぶんし
Stikhotvoreniya v proze
ロシアの作家 I.ツルゲーネフの 83編から成る随想詩集。 1882年,死の前年に作者みずからが『セニリア』 Senilia (老いたる者の言葉) と名づけて雑誌『ヨーロッパ報知』に 50編を発表,読書界に強い感銘を与えた。残りの 33編は死後発見され,そのうち 31編は『新散文詩』 Nouveaux poèmes en proseとしてパリで出版された。一生を独身で通したツルゲーネフが,異郷の地フランスで人生の旅路を終えようとする晩年の5年間に,おりふしの感懐を美しい音楽的な散文で綴った小品集で,そこでは老作家の眠られぬ夜の孤独と生の悲哀,死への予感がペシミスチックな調べをもってうたわれているかと思えば,ときにはロシアへの愛と郷愁,青春の日への挽歌もかなでられ,ときには無理解な批評家やジャーナリストに対する忿懣を漏しながら,自己の創作への静かな誇りも述べられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さんぶん‐し【散文詩】
散文形式で書かれた詩。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さんぶんし【散文詩 prose poem】
韻律によらず,散文の形をとって書かれた詩。現在では詩の多様な表現形態の一つとして定着しているが,韻文でないものを詩とは見なさないという古い見方からすれば,散文詩という言葉は矛盾概念であり,せいぜい比喩的な言い方にすぎない。この言葉を意図的に用いたのは,19世紀中葉のフランスで,ボードレールが《パリの憂鬱,あるいは小散文詩集》と名づける作品群を構想した(刊行は1869)ときが最初である。ボードレールはこの作品群の序文の中で,先行例としてベルトランの《夜のガスパール》(1842)をあげたが,ベルトラン自身は自作をファンテジーと呼んでいたにすぎず,このような,いわゆる詩情を感じさせる散文ならば,ルソー,シャトーブリアン,ユゴーなど,ロマン主義文学の作家には数多くの例が見られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さんぶんし【散文詩】
散文の形式で書かれた詩。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

散文詩
さんぶんし
prose poem
伝統的な韻律によらずに、散文の形式を借りて表現された詩をいう。いわゆる詩的散文、あるいは美文とは異なる。詩は古くからかならず頭韻や脚韻を用いて書かれ、韻文と同義語に扱われてきたが、19世紀になってフランスで、従来の古典主義の韻律に反発して、ボードレールが『小散文詩』Petits Pomes en Prose(1869。のちに『パリの憂鬱(ゆううつ)』とよばれた)を出して新しい方向づけをした。それ以来、マラルメやランボーなど多くの象徴派詩人たちがこれを踏襲し、20世紀ではアポリネールやブルトンらの超現実主義者たちも多く散文詩を書いている。フランス語に比べてリズムの抑揚がはっきりしている英語では、詩か散文かどちらかに偏する傾向が強い。しかしポーは『詩の原理』(1848~49)のなかで詩を「美の韻律的創造」と定義して、厳密に韻文としてとらえたが、他方では『アッシャー家の崩壊』(1839)のような一種の散文詩の領域を開拓した。20世紀ではW・C・ウィリアムズ、シャピロ、アシュベリなど数は少ないが、アメリカにおいても散文詩は書かれている。
 日本ではボードレールの影響を受けて萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)や三好達治(みよしたつじ)が散文詩を試み、昭和初年代には雑誌『詩と詩論』を中心に北川冬彦、安西冬衛(あんざいふゆえ)らの散文詩運動が盛んになり、第二次世界大戦後は田村隆一、吉本隆明(よしもとたかあき)、入沢康夫(いりさわやすお)、粒来(つぶらい)哲蔵、長谷川龍生(はせがわりゅうせい)など多くの書き手が現れて、散文詩は定着したと思われる。[新倉俊一]
『新倉俊一著『ノンセンスの磁場』(1980・れんが書房新社) ▽「詩の原理」(『萩原朔太郎全集 第6巻』所収・1975・筑摩書房) ▽春山行夫著『詩の研究』(1936・第一書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さんぶん‐し【散文詩】
〘名〙 散文の形式をとった詩。形式は散文で、内容は詩的な情緒を表現した文学作品。
※散文詩の成立(1899)〈浅野和三郎〉「余が爰に言ふ散文詩は〈略〉一般に唱ふる所の狭義の詩の意味にして、之を散文もて書くの謂也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

散文詩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

散文詩の関連情報

他サービスで検索

「散文詩」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.