Rakuten infoseek

辞書

散切物【ざんぎりもの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

散切物
ざんぎりもの
歌舞伎世話狂言の一種。帯刀が廃止され,丁髷 (ちょんまげ) を散切頭に改めた文明開化の明治の世相を風俗的に取入れたもの。明治5 (1872) 年中村敬宇訳『西国立志編』 (原作 S.スマイルズ"Self-Help") を脚色した『鞋補童教学 (くつなおしわらべのおしえ) 』 (南の芝居) ,『其粉色陶器交易 (そのいろどりとうきのこうえき) 』 (北の芝居) の2作を京都で競演したのが最初。東京では翌年,河竹黙阿弥が新聞の雑報に取材した『東京日 (にちにち) 新聞』を手始めに『人間万事金世中』『綴合於伝仮名書 (とじあわせおでんのかながき) 』『島鵆月白浪 (しまちどりつきのしらなみ) 』その他二十余の狂言を書き,多くを5世尾上菊五郎が主演した。七五調せりふ竹本 (ちょぼ) が入るという従来の生世話物の形式そのままで,ここから現代劇が生れることはなかった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ざんぎりもの【散切物】
歌舞伎狂言の一系統。明治初年の新風俗を採り入れた世話物で散切狂言ともいう。断髪廃刀の自由が認められたのは1871年(明治4)8月で,旧幕時代からの丁髷(ちよんまげ)を切って散切頭が現れはじめた。同時に西欧からの新しい文物が入ってきて服装,持物なども変化した。こうした新風俗の人物が登場する歌舞伎作品を〈散切物〉といった。その最初の作は中村正直訳《西国立志編》中の挿話佐橋富三郎が脚色した《鞋補童教学(くつなおしわらべのおしえ)》と《其粉色陶器交易(そのいろどりとうきのこうえき)》で,72年11月京都で初演された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

散切物
ざんぎりもの
歌舞伎(かぶき)脚本用語。世話物のうち、明治初期の新しい世相、風俗を背景にした作品。維新以後の文明開化の象徴として、1871年(明治4)の散髪令で生まれた散切頭の人物が登場するので、この名がある。72年11月、中村正直(まさなお)訳の『西国立志編(さいごくりっしへん)』を佐橋富三郎が脚色した『鞋補童教学(くつなおしわらべのおしえ)』『其粉色陶器交易(そのいろどりとうきのこうえき)』をそれぞれ京都南側と北側の芝居で上演したのが初めで、東京での最初は翌年11月守田座上演の河竹黙阿弥(もくあみ)作『東京日(にちにち)新聞』。その後も黙阿弥が主として5世尾上(おのえ)菊五郎のため、『富士額男女繁山(ふじびたいつくばのしげやま)(女書生)』『霜夜鐘十字辻筮(しもよのかねじゅうじのつじうら)』『木間星箱根鹿笛(このまのほしはこねのしかぶえ)』『島鵆月白浪(しまちどりつきのしらなみ)』『水天宮利生深川(すいてんぐうめぐみのふかがわ)(筆幸)』などの名作を執筆。黙阿弥の門弟たちもいくつか書いたが、これら散切物は新風俗の外形を写すだけで、作劇法や演出は旧来の世話狂言と変わらなかったので、1900年(明治33)以降は新しく勃興(ぼっこう)した新派劇に座を奪われて廃れた。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざんぎり‐もの【散切物】
〘名〙 明治初期に行なわれた歌舞伎世話狂言の一種で、散切頭の人物が登場するところからいう。維新後の洋服姿、新聞、銀行などの新風俗を取り入れた世相劇、風俗劇で、河竹黙阿彌が五世尾上菊五郎のために書いたものが多い。「島鵆月白浪」「勧善懲悪孝子誉」など。また、それにならって作られた演劇・映画などもいう。散切狂言。〔モダン辞典(1930)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

散切物
ざんぎりもの
歌舞伎で明治時代以後の新風俗に題材をとった新しい世話物のこと
断髪した役者が演じたのでこういわれた。河竹黙阿弥の『島鵆月白浪 (しまちどりつきのしらなみ) 』『水天宮利生深川』などを5代目尾上菊五郎が演じた。皮相な世相・流行を追うのみで,内容は古い物語と変わらなかった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

散切物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

散切物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.