Rakuten infoseek

辞書

散切り【ザンギリ】

デジタル大辞泉

ざん‐ぎり【散切り】
ちょんまげを切り落として、刈り込んだ髪形。明治初期に流行し、文明開化の象徴とされた。散切り頭斬髪(ざんぱつ)。
髪を切り乱して結ばずにそのままにしておくこと。また、その髪形。散らし髪。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ざんぎり【散切り】
明治初期、散髪脱刀令以降流行した男の髪形。髷まげを結わずに髪を短く切り西洋風にしたもの。散髪さんぱつ。斬髪ざんぱつ
ったり結んだりしないで、後ろになでつけただけの髪。なでつけ髪。 頭は霜を梳けずりて-となし/浮世草子・禁短気
の髪形から 近世、囚人を扱った非人のこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

散切り
ざんぎり
明治初期の断髪
1871(明治4)年の散髪脱刀令以来,文明開化の象徴とされた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

散切り」の用語解説はコトバンクが提供しています。

散切りの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.