Rakuten infoseek

辞書

教訓抄【キョウクンショウ】

デジタル大辞泉

きょうくんしょう〔ケウクンセウ〕【教訓抄】
鎌倉時代の雅楽書。10巻。狛近真(こまちかざね)著。天福元年(1233)成立楽曲口伝由来楽器の奏法を記す。「体源抄」「楽家録」と合わせて三大楽書とよばれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうくんしょう【教訓抄】
音楽書。奈良興福寺の楽人狛近真(こまのちかざね)撰述。現伝本は近真が自筆本を1233年(天福1)6月から10月の間に書写したとする奥書の本を原本としているから,成立はそれ以前。10巻。雅楽,特に舞楽全般についてまとめた日本最古の総合音楽書。その孫狛朝葛の《続教訓抄》,豊原統秋の《体源鈔》,江戸時代安倍季尚の《楽家録》の先駆をなす楽書の第一で,鎌倉時代初期の舞楽の実態を伝えている点,歴史的価値が高い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょうくんしょう【教訓抄】
雅楽書。一〇巻。興福寺の楽人、狛近真こまちかざね著。1233年成立。舞楽の古伝・古書を引用して解説した最古の楽書。日本三大楽書の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

教訓抄
きょうくんしょう
鎌倉時代の雅楽の書。南都興福寺の楽人(がくにん)、狛近真(こまのちかざね)(1177―1242)著。1233年(天福1)成立。全10巻。近真は養父光真、外祖父光季(みつすえ)らの狛氏一族の伝承を一身に受け「舞曲の父、伶楽(れいがく)の母」と称されたが、長男・次男が家業を継がず、三男近葛(ちかかず)も幼年であったため、伝承の廃絶という危機感から書かれたのが本書である。「歌舞口伝」と銘打つ前半5巻は狛氏の伝承口伝など、「伶楽口伝」という後半5巻は舞楽の心得および楽器について述べられ、楽曲にまつわる伝説にも富む。雅楽に関する最古の書で、後の楽書の規範となり、近真の孫狛朝葛(ともかず)(1247?―1333)は『続教訓抄』(1322成立)を著した。[橋本曜子]
『植木行宣校注「教訓抄」(『日本思想大系23 古代中世芸術論』所収・1973・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょうくんしょう ケウクンセウ【教訓抄】
鎌倉時代の音楽書。一〇巻。狛近真(こまのちかざね)著。天福元年(一二三三)成立。雅楽について、楽曲の口伝、由来や楽器の奏法を記したもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

教訓抄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

教訓抄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.