Rakuten infoseek

辞書

教育の機会均等【きょういくのきかいきんとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

教育の機会均等
きょういくのきかいきんとう
equality of educational opportunity
能力や努力,必要に応じて,教育を受ける機会を平等に保障しようとする考え方,その状態のこと。個人の社会経済的地位や,性別人種居住地などの生まれながらにして決まってしまう属性的要因にはよらない。日本では憲法第 26条および教育基本法第4条に明示されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょういくのきかいきんとう【教育の機会均等】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

教育の機会均等
きょういくのきかいきんとう
教育を受ける機会が、人種、信条、性別、社会的身分、経済的地位または門地により差別されず、能力に応じてひとしく保障されるべきであるという、近代公教育を支える理念の一つ。日本国憲法第26条、教育基本法第3条・第4条はじめ学校教育法などの諸規定により、日本でも、無償の義務教育制度、それを基盤とする袋小路のない学校体系、奨学制度などの整備拡充により前述の理念の充実が図られている。
 しかし憲法の「能力に応じて」と「ひとしく」との要請をともに充足させることは容易ではない。前者を重視すれば差別の、後者を強調すれば教育の画一化の是認になりかねない。障害児(者)教育、夜間中学、矯正教育、入試制度、生涯学習、生涯教育などの抱える諸問題を見据えながら、増大しつつある地域間や世代間の教育格差を、どう縮小していくのか、限られた財源との関係で、二つの要請の動的な充足が望まれる。[木村力雄]
『伊ヶ崎暁生編『教育の機会均等』(『教育基本法文献選集 第3巻』所収・1978・学陽書房) ▽辻功・木下繁弥編 『教育学講座20 教育機会の拡充』(1979・学習研究社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

教育の機会均等」の用語解説はコトバンクが提供しています。

教育の機会均等の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.