Rakuten infoseek

辞書

教化【きょうか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

教化
きょうか
言葉としては中国の古典に由来し,日本ではすでに『日本書紀』のなかに出てくる。元来は人を導いて善に転させることを意味し,仏教でも「きょうげ」として用いられる。江戸時代中期以後は社会教化の意味が濃くなり,社会教育とほぼ同義に使われるようになった。特に昭和期には,国民道徳を基調とする大衆の思想善導または社会の改善の意味に用いられ,その意味での教化を目的とする団体が数多く生れた。 (→教化団体 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

教化
きょうか
インドクトリネーション」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

教化
きょうけ
声明 (しょうみょう) の曲種名。「きょうげ」とも読む。教導感化して善におもむかせること。大衆に化益を施すことを願って,仏法僧功徳 (くどく) や法会 (ほうえ) の趣意を説く。平安中期には成立していた。本来は法会に応じて導師がその都度字句を作るものであるが,現在では法要ごとに特定の詞句が定着し,その種類も少くなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょう‐か〔ケウクワ〕【教化】
[名](スル)人を教え導き、また、道徳的、思想的な影響を与えて望ましい方向に進ませること。「人民を教化する」「教化活動」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きょう‐け〔ケウ‐〕【教化】
[名](スル)《「きょうげ」とも》
仏語。人々を教え導いて仏道に入らせること。教導化益(けやく)。
法要の際、仏前で朗唱する一種

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょうか【教化】
〈教化〉という語は《礼記》経解篇に由来し,徳により人を善に導くことを意味する。日本では平安朝以来,仏教用語で〈きょうけ〉または〈きょうげ〉と読み,ほぼ同様に,人々を教え導くという意に使うようになったが,江戸時代に入り儒教の立場に立つ徳化を〈きょうか〉と呼び,この方が仏教用語より優勢となった。教育とほぼ同義で使われることもあるが,多くの場合,政治的権力と宗教的あるいは倫理的権威との結合により民衆を教え導くことをいう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

きょうげ【教化】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きょうか【教化】
( 名 ) スル
教え導き、よい方向に向かわせること。 「道徳の説で人を-する/百一新論

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きょうけ【教化】
〔「きょうげ」とも。「教導化益けやく」の略〕
人々に仏教を説いて、信仰に向かわせること。
法要の際、声明しようみようの節で唱えられる仏教の歌の一種。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょう‐か ケウクヮ【教化】
〘名〙 教え同化すること。特に道徳的な意味で使われる。教育が科学的、合理的な内容を含むのに対して、これらを欠いたものとして対比して用いられることがある。
※足利本論語抄(16C)子罕第九「人君の教化するは、天道利万物、如き也」
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「近来は頻に魯西亜の国語を弘め寺院を建立して人を教化せり」 〔戦国策‐衛策・嗣君〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きょう‐け ケウ‥【教化】
〘名〙 (「きょうげ」とも。教導化益(けやく)の意)
仏語。衆生を教え導いて恵みを与えること。説経。
※法華義疏(7C前)一「釈迦仏門先権後実者、欲教化次第
※義経記(室町中か)六「関東へ下りて兵衛佐をけうけせばやと思ひつるに」 〔放光般若経‐一〕
② 法要に際し仏前で朗唱される一種の賛歌。声明(しょうみょう)の節調をもって唱するもので、漢文体のものと和文体のものとがあり、和文体のものには韻文体、散文体の二種がある。今様また短歌の形式をとり、四句を基本として、その倍数の八句、一二句などの長文をなし、種類も多種にわたる。
※教化之文章色々(1053‐58頃)「西塔王院懐空僧都教化」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

教化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

教化の関連情報

他サービスで検索

「教化」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.