Rakuten infoseek

辞書

【キュウ】

デジタル大辞泉

きゅう【救】[漢字項目]
[音]キュウ(キウ)(漢) ク(呉) [訓]すくう
学習漢字]4年
危険や災害からすくい出す。「救援救急救護救済救出救助救難救命
[名のり]すけ・たすく・なり・ひら・やす

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅう キウ【救】
〘名〙 面積の単位の一つ。
拾芥抄(13‐14C)中「一丈為救。〈弘二尺〉五救為堵」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

すくい すくひ【救】
〘名〙 (動詞「すくう(救)」の連用形の名詞化)
① すくうこと。助けること。救助。救済。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉九「救(スク)ひを官軍に乞へりとぞ」
② 兵を出して助けること。加勢。助勢。援兵。
※書紀(720)斉明六年一〇月(北野本訓)「戈を枕に、胆(い)を甞(な)めて必ず拯救(スクヒ)を存(たも)て、遠くより来りて表啓(まう)す」
③ キリスト教会で、イエス‐キリストの十字架(贖罪)によって成就された人類の救済。救済。
※讚美歌(1903頃)一〇四「いさみてあふげ、すくひはちかし」
④ 希望がもてるような、ほっとした気持や状態。
※苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉一「はらはらする思ひをさせられぬだけでも、たいへんたすかるにちがひない、それはその当時の私にとってはなによりの救ひなのであったから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

救の関連情報

他サービスで検索

「救」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.