Rakuten infoseek

辞書

故人【コジン】

デジタル大辞泉

こ‐じん【故人】
死んだ人。「故人を弔う」「故人となる」
古くからの友人。昔の友達。旧友。
「懐かしくなった―を訪(と)うように」〈鴎外・妄想〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

こじん【故人】
亡くなった人。 -をしのぶ
古くからの知り合い。旧友。旧知。 二千里の外の-の心/和漢朗詠
文章生もんじようしようの中で、経験を積んだ老大家。 諸道博士・-・得業生/江家次第
古老。節用集 易林本 が原義。の意で用いるようになったのは江戸期以降か。浮世床(1813~23年)にある
[句項目] 故人となる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こ‐じん【故人】
〘名〙
① 昔の友人。古くからの友だち。古いなじみ。昔親しくつきあっていた人。旧知。旧友。
※凌雲集(814)餞右親衛少将軍朝嘉通奉使慰撫関東探得臣〈嵯峨天皇〉「郷心杳々切帰想、客路悠々稀故人
※俳諧・野ざらし紀行(1685‐86頃)「水口(みなくち)にて二十年を経て故人に逢ふ」 〔礼記‐檀弓下〕
② 死亡した人。物故した人。今は亡くなっている人。古人。
※万葉(8C後)三・四三八・題詞「神亀五年戊辰大宰帥大伴卿思恋故人歌三首」
※源平盛衰記(14C前)一六「此の身旧宅に住して、名字既に故人(コジン)に通ひ、勅命を蒙むる事生前の面目に侍り」 〔謝朓‐和王主簿季哲怨情詩〕
③ 文章生(もんじょうしょう)の中で学識経験のゆたかな老大家。耆宿(きしゅく)
※菅家文草(900頃)六・九日後朝、侍朱雀院、同賦閑居楽秋水「聞昔瀟湘逢故人、在今楽水詎為新」
※易林本節用集(1597)「故人 コジン 古老人 古人」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

故人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

故人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.