Rakuten infoseek

辞書

政道【セイドウ】

デジタル大辞泉

せい‐どう〔‐ダウ〕【政道】
《「せいとう」とも》
国を治めること。また、政治のしかた。「御政道を正す」
上に立って取り締まること。監督。また、処罰。仕置き。
「親の―強過ぎたると」〈色道大鏡・一五〉
禁止すること。制止すること。
「旦那ばかりにはその事もゆるして、外はかたく―して」〈浮・一代男・二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せいどう【政道】
〔「せいとう」とも〕
政治の道。まつりごと。
取り締まること。処置。監督。 「十一二より外へ出さず-して/浮世草子・禁短気」
いましめとどめること。禁止。禁制。 「女のみだらは下々まで御-/浄瑠璃・宵庚申

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐とう ‥タウ【政道】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐どう ‥ダウ【政道】
〘名〙 (古くは「せいとう」)
治の道。領土・人民を治めること。施政の大綱。まつりごとの要諦。
※吾妻鏡‐正治元年(1199)八月二〇日「倦政道而不民愁。娯倡楼而不人謗之故也」
※仮名草子・世物語(1665頃)三「国守自らその民百姓の善悪(よしあし)を見そなはし、政道(セイタウ)正しくせんが為なり」 〔後漢書‐安帝紀論〕
② 処罰。仕置き。成敗。
※鵤荘引付‐大永五年(1525)閏一一月日「博奕政道之事、往古より堅禁制処仁、近年以外増倍」
浮世草子・沖津白波(1702)四「いともかしこき御政道(セイタウ)、理非明らかにさばけゆく科(とが)のしるしの紙のぼり」
③ (━する) 取り締まること。上に立って物事を処置すること。また、その人。監督。
※極楽寺殿御消息(13C中)四四条「せいたうは、天下をおさむる人も、又婦夫あらん人も、きのたたしからんはかはるへからす」
※評判記・色道大鏡(1678)一五「親の政道つよ過たると、其子若輩にして心はやりたる故にや」
④ (━する) いましめとどめること。また、その政令。禁止。禁制。
※浮世草子・好色一代男(1682)二「つとめも旦那計には其事もゆるして、外はかたく政道して、其屋形にも出入して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

政道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

政道の関連情報

他サービスで検索

「政道」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.