Rakuten infoseek

辞書

政治過程論【せいじかていろん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

政治過程論
せいじかていろん
The Process of Government
A.ベントリーの主要著作の一つ。 1908年刊。発刊当時は注目されなかったが,40年代に再発見され,以後政治学における政治過程論,圧力団体論の先駆とみなされている。このなかでベントリーは従来の政治学を死せる形式的研究であると批判し,集団現象こそ政治現象であるととらえ,政治行動は政治の場における集団を研究することによって解明されると考えた。具体的には,圧力団体,政党など個別のアクターから,立法過程,行政過程,司法過程などのプロセス全体に注目して分析を展開する点で特色がある。現在の政治過程論は,政策が決定される過程 (政策過程) に焦点をあてる考え方が主流である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

政治過程論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

政治過程論の関連情報

関連キーワード

国木田独歩監獄法国木田独歩グリフィス西園寺公望内閣新聞小説光緒帝内閣総理大臣キュビスムクリーマー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.