Rakuten infoseek

辞書

政所【まんどころ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

政所
まんどころ
滋賀県東部,東近江市中北部にある地区。愛知川上流域の段丘上に位置し,室町時代の越渓禅師による播種といわれる政所茶の産地として有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

政所
まんどころ
平安時代中期以後,親王家,摂関家,公卿,有力社寺の家政機関。主として所領荘園の事務を司った。特に摂関家の政所は大規模で,多数の別当を配していた。源頼朝は建久2 (1191) 年2月大江広元を別当に,以下令 (れい) ,案主 (あんじゅ) ,知家事 (ちけじ) の職制を定め,鎌倉幕府および一部の民事訴訟を管掌させた。その後執権政治が成立すると,別当は北条氏の兼職となり,令,案主,知家事は二階堂,菅野,清原氏の世襲となった。室町幕府におかれた政所もこれを踏襲し,財政事務を司った。執事は伊勢氏,政所代は蜷川氏がこれを世襲した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ま‐どころ【政所】
まんどころ」の撥音の無表記。
「盆(ぼに)のこと、年ごろは―にものしつるも」〈かげろふ・中〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まん‐どころ【政所】
《政(まつりごと)を執り行う所の意》
政庁。特に、検非違使(けびいし)の庁。
平安時代以後、親王摂政関白大臣などの家で、所領の事務や家政などを取り扱った所。
荘園の現地で支配の実務を扱った所。

鎌倉幕府政庁。財政や鎌倉市中の雑人訴訟をつかさどった。
室町幕府の政庁。財政のほか、貸借・土地などの訴訟をもつかさどった。
大社寺で、事務・雑務を取り扱った所。
宮中で、女御(にょうご)に属した下級官吏。
北の政所」の略。
「―の京に出で給ふといひて」〈今鏡・一〇〉
最も重要なところ。頭分(かしらぶん)。首領。
「そうじて神の―、出雲の国の大やしろ」〈滑・膝栗毛・三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まんどころ【政所】
(1)財政や訴訟など日常的政治実務を処理した政庁。政所の語は奈良時代の史料にもみえ,8世紀中期には〈造東大寺司政所牒〉〈筑前国政所牒〉などもみえる。大宰府や国などの政府出先機関や半ば公的性格をもっていた大寺社などは,早くからその財政に関する収納や給田などの実務と,訴訟の受理裁断,人事の管理,使者の発遣,文書の受理・発給・保管などの日常的政治支配を行う機関として政所を設置し,またその庁舎である政所屋(まんどころや)をもときに政所とよんでいた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

まどころ【政所】
「まんどころ(政所)」の撥音の無表記。 - ・家司けいしなど/源氏 松風

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まんどころ【政所】
平安中期以降、権勢家などで所領の事務を中心に一切の庶務を取り扱った家政機関。所領にも荘官の政所があった。
大寺社において、所管の事務や所領経営など雑務を執行した機関。
鎌倉幕府における政務機関の一。原型は源頼朝が設置した公文所くもんじよ。鎌倉幕府の庶政、特に財政を扱うとともに、鎌倉市中の訴訟を担当した。
室町幕府における政務機関の一。財政事務を管掌した。
「北の政所」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まつりごと‐どころ【政所】
〘名〙 政務をとり行なう場所・建物。役所。朝廷。まつりごとどの。まつりごとの庭。まんどころ。
※書紀(720)天武一一年一一月(北野本訓)「は朝廷之中(マツリコトトコロ)にも、其の過失(あやまち)(おこ)らむ処にして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ま‐どころ【政所】
〘名〙 「まんどころ(政所)」の撥音「ん」の無表記。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「まどころの男ども遣りて、所とらせよ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まん‐どころ【政所】
〘名〙
① 一般に政務を執り行なう所。政庁。
※蜂須賀侯爵家所蔵文書‐天平宝字三年(759)八月五日・筑前国政所牒案「仍除本籍、謹請処分者、政所依申状具状」
② 平安時代以後、親王・摂政・関白・大臣・大将家や三位(さんみ)以上の貴族の家で荘園の事務や家政などをつかさどった所。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「政所の人装束して出で来て、めしたてつつ給ふ」
③ 大きな神社・寺院で、所管の事務全般を取り扱う所。
※観智院本三宝絵(984)中「政所に飯をかしぎて露車につみて、朝ごとに僧坊の前よりやりて」
④ 大寺院の長官。別当。
※春日社記録‐中臣祐重記・養和二年(1182)八月一六日「御寺政所法印僧都信円、権別当僧都覚憲」
⑤ 中世、荘園の事務を現地で取り扱った所。
※東寺百合文書‐に・応永一四年(1407)一二月一五日・丹波大山荘一井谷百姓等申状「政所給一石三斗御免あるましき事蒙仰候」
⑥ 鎌倉幕府の政務機関の一つ。主に幕府の財政と鎌倉市中の非御家人・雑人の訴訟を扱った。源頼朝が右近衛大将となって、摂関家にならって政所を置いたのにはじまる。職員に長官(別当)・次官(執事・令)以下がある。
※吾妻鏡‐文治元年(1185)九月五日「令上政所。可上子細之旨被仰下
⑦ 室町幕府の主要な政務機関の一つ。土地の移転や財産・貸借などに関する訴訟裁判を取扱い、また、幕府御料所の管理、京都の酒屋・土倉の統制や幕府の財政をつかさどった。職員に執事・執事代・寄人・公人(くにん)などの役があり、他に政所代がいた。
※武政軌範(1441‐90)政所沙汰篇「諸国料所年貢、土蔵酒屋以下諸商買公役等、悉為政所之沙汰者也」
⑧ (「きた(北)の政所(まんどころ)」の略) 摂政・関白の妻の敬称。後に広く貴族の妻をいい、さらに江戸時代には一般人の妻をもいう。
※今鏡(1170)一〇「まんどころの京にいで給といひて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

政所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

政所の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.