Rakuten infoseek

辞書

政府金融機関【せいふきんゆうきかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

政府金融機関
せいふきんゆうきかん
government finance institution
財政資金を中心に,これに自己資金(回収金と運用利殖金)などを加えた資金をもって,民間産業などへの投融資を行なっている全額政府出資の金融機関政策金融機関政府系金融機関ともいう。信用リスクのため民間の金融機関からは融資が受けられない公益性の高い分野に対し,政策目的を実現するために,融資や保証などの金融的手段を提供する。これらの機関には日本政策投資銀行(→日本開発銀行北海道東北開発公庫),国際協力銀行(→日本輸出入銀行),日本政策金融公庫(→国民金融公庫中小企業金融公庫農林漁業金融公庫)などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せいふ‐きんゆうきかん〔‐キンユウキクワン〕【政府金融機関】
国の産業政策社会政策の一環として、政府資金と自己資金とをもって貸付取引を行う全額政府出資の金融機関日本政策投資銀行国際協力銀行日本政策金融公庫住宅金融支援機構商工組合中央金庫などがある。政策金融機関。政府系金融機関。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいふきんゆうきかん【政府金融機関】
政策金融を担当するため,政府によって出資・設立された金融機関をいう。政府金融機関が設けられるのは,(1)ある分野における民間金融機関の競争が十分でなく,政府金融機関が競争者として介入することによって金融効率を向上させようとする場合,(2)特定分野の金融ギャップが民間金融機関によって充足されない場合,(3)投資効果に対する社会的な評価と民間の評価が相違する場合,等である。日本の主要な政府金融機関は,銀行2(日本開発銀行,日本輸出入銀行)と公庫(1997)で,ほかに政府金融機関と同じような金融機能をもつものに各種の事業団がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいふきんゆうきかん【政府金融機関】
産業政策および社会政策上の必要から、政府が全額出資している金融機関。民間金融に対して補完的立場に立つ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

政府金融機関
せいふきんゆうきかん
政府が全額出資している金融機関。「政策金融機関」(または「政策金融」)ともいう。広義には政府が一部出資している金融機関をも含めるが、この場合には「政府系金融機関」とよぶことが多い。政府金融機関はそれぞれ別々の特別の法律を根拠として成立している。また、政府金融機関に対する政府の監督は強く、役員の人事も政府任命によることが多い。政府金融機関の設立目的は、経済政策の目標を達成するための手段の一つである政策金融の担い手となることである。したがって、政府金融機関は政策金融が必要とされる段階において設立されてきた。イギリスに比較して資本主義の発達の遅れたドイツ、フランス、日本などでは、早い時期から政府金融機関が設立されてきたが、とくに1930年代以降、経済に対する政府の介入が顕著になるにしたがい、数多くの政府金融機関が設立された。
 日本では第二次世界大戦以後、いっそう政府の介入が強まり、幼稚産業の育成、農業・中小企業の育成、住宅建設の促進などの経済政策を進めるうえで、政府金融機関が活用された。しかし、2001年(平成13)に発足した小泉純一郎政権において「民間にできることは民間へ(官から民へ)」という原則に基づき、政府金融機関改革が経済財政諮問会議においても議論され、2002年から「政策金融改革」として本格的に検討が開始された。その結果、2005年に「政策金融改革の基本方針」がまとまり、この方針によって政府系金融機関の抜本的な改革が行われた。この方針では、
〔1〕政策金融は、(1)中小零細企業・個人の資金調達支援、(2)国策上重要な海外資源確保、国際競争力確保に不可欠な金融、(3)円借款(政策金融機能と援助機能をあわせもつ)における機能に限定し、それ以外は撤退する、
〔2〕「小さくて効率的な政府」実現に向け政策金融を半減する、
〔3〕民間金融機関も活用した危機(災害・テロ、金融危機)対応体制を整備する、
〔4〕効率的な政策金融機関経営を追求する、
という四つを基本原則としている。この基本原則に基づき、各政府系金融機関の機能を「存続させるべきもの」「政策金融からは撤退させ、民間に移行させるべきもの」「当面必要であるが、将来的には撤退させるべきもの」に分類している。これに基づき2006年に出された「政策金融改革に係る制度設計」により、政府系金融機関の統廃合における行程表がつくられ、再編が行われた。
 その結果、戦略産業金融および地域開発・研究開発金融を主機能とする日本政策投資銀行、および、商工業関係の組合金融の中心機関である商工組合中央金庫は、それぞれ株式会社化され、5~7年の移行期間を経て完全民営化を目ざすことになった。一方、輸出入金融・海外投資金融を主機能とする国際協力銀行(国際金融部門)、中小企業や国民一般、農林漁業金融を主機能とする中小企業金融公庫、国民生活金融公庫、農林漁業金融公庫は「日本政策金融公庫」(日本公庫)として2008年10月に統合された。このうち、国際協力銀行については「海外経済協力業務及び外務省の無償資金協力業務の一部」が、国際協力機構(JICA)に承継されている。また、住宅金融公庫は2007年に設立された独立行政法人住宅金融支援機構に承継され、地方公営企業金融を主機能としていた公営企業金融公庫も2008年10月に廃止され、地方共同法人地方公営企業等金融機構(2008年8月設立)が当該業務をすべて承継することになった。[前田拓生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せいふ‐きんゆうきかん ‥キンユウキクヮン【政府金融機関】
〘名〙 政府が資本金の全額を出資している金融機関。財政投融資計画に基づいて政府資金を受け入れ、一般金融機関が融資しがたい重要産業、中小企業向けの資金の供給、住宅対策、公害対策などの政策上必要となる資金の供給を行なう。日本政策投資銀行(日本開発銀行と北海道東北開発公庫が平成一一年(一九九九)に統合)・国際協力銀行(日本輸出入銀行と海外経済協力基金が同一一年に統合)の二銀行と、中小企業金融公庫・国民生活金融公庫(国民金融公庫と環境衛生金融公庫が同一一年に統合)・住宅金融公庫・公営企業金融公庫などがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

政府金融機関」の用語解説はコトバンクが提供しています。

政府金融機関の関連情報

他サービスで検索

「政府金融機関」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.