Rakuten infoseek

辞書

政局【せいきょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

政局
せいきょく
政治状況をみる視点のなかでも,政治状況を政治家の権勢人事の視点から把握したものをいう。人事はもとより,具体的な階級や集団および政策対立であって,特定の政治家の権勢の上昇や下降に関係しないものはない。政治家が権力欲をもつかぎり,その行動は単に政策観だけでなく,その政局観によっても多分に律せられる。外部の者からは理解困難な政治家の行動の多くはここから発するが,それは理解不可能ではない。政治家の政局観は,毎朝配達される新聞の普通は2面に政治部記者の手をかりて報じられることが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せい‐きょく【政局】
ある時点における政治の動向。政界の情勢。「政局が行き詰まる」
首相の進退、衆議院の解散など、重大局面につながる政権闘争。また、安定政権の元では、与党内での主導権争い。多く、国会などでの論戦によらず、派閥や人脈を通じた多数派工作として行われる。「政局になる」「政局にする」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せいきょく【政局】
政治の動向。政情。 混沌とした-
首相の進退をめぐって、政治の主導権をめぐる争いが表面化すること。 -にする -になる 政治上の大きな変動をいう政変に比べると、政権交代の可能性や倒閣の兆しなどにいう

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐きょく【政局】
〘名〙 政治の局面や政界の情勢。政情。政況。
※風俗画報‐四六一号(1914)帝国政府の声明「八月四日外務省公示 帝国政府は欧洲政局(セイキョク)の最近の形勢に対し政治上及び経済上憂慮の念を禁ずる能はず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

政局」の用語解説はコトバンクが提供しています。

政局の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.