Rakuten infoseek

辞書

放火【ホウカ】

デジタル大辞泉

ほう‐か〔ハウクワ〕【放火】
[名](スル)火事を起こす目的で、火をつけること。付け火。火付け

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうか【放火】
戦時・平時に故意に居宅・財物を焼くこと。戦術としての放火は焼打とも呼ばれた。
[古代]
 山背大兄王(やましろのおおえのおう)と蘇我入鹿が軍事的衝突をしたとき,斑鳩宮(いかるがのみや)が焼かれ,蝦夷征討過程で村落が焼き払われ,平将門の乱のとき伴類らの居宅が焼掃されたごとく,軍事作戦の一環として放火が行われたが,政治的緊張がたかまった状況下で,不満をもつ者が放火にはしることが珍しくなかった。平安京内で宮殿や貴族の邸宅がしばしば焼落しているが,不満をもつ者の放火による場合が多く,任国の百姓が受領(ずりよう)の屋敷に放火することもあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうか【放火】
( 名 ) スル
火事を起こそうとして火をつけること。つけび。 「 -魔」 「誰か-した者がいる」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう‐か ハウクヮ【放火】
〘名〙 火事を起こすために、火をつけること。つけび。ひつけ。
※日本紀略‐天延三年(975)一一月一四日「丑刻、朔平門右衛門陣屋放火、吉上時光禁獄」
※信長公記(1598)一〇「秋田城介信忠〈略〉御陣を居ゑさせられ、城下悉く放火なされ」 〔張籍‐漁陽将詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

放火」の用語解説はコトバンクが提供しています。

放火の関連情報

他サービスで検索

「放火」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.