Rakuten infoseek

辞書

放流【ホウリュウ】

デジタル大辞泉

ほう‐りゅう〔ハウリウ〕【放流】
[名](スル)
せき止めた水を放出すること。「貯水池の水を放流する」
繁殖などのために、稚魚を川や湖に放すこと。「稚鮎(ちあゆ)を川に放流する」
追放すること。
「蛮人の種子の分は残らずこの地を―せられしが」〈蘭学事始

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうりゅう【放流】
ある水域に他所から運んできた水産生物を放すことをいう。ほとんど同じ意味のことばに移殖がある。海草や貝類など動きがないか少ないものを,それらのほとんど存在しない場所に移すような場合に〈移殖〉が,魚など移動力の強い動物を,それらの資源の増強のためにある水域に放すような場合に〈放流〉が使われる傾向はあるものの,両者を明確に区別することはできない。 放流には受精卵を河川などに置いて自然に孵化(ふか)させる孵化放流人工孵化あるいは天然採集した稚仔を放す種苗放流,成体あるいは親の放流,などがあるが,最近は人工孵化させ,一定の大きさまで育成した種苗の放流に重点が置かれている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうりゅう【放流】
( 名 ) スル
せき止めておいた水などを流すこと。放水。 「ダムの水を-する」
稚魚などを川や海などに放すこと。 「鯉を-する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう‐りゅう ハウリウ【放流】
〘名〙
① せきとめた水などを放ち流すこと。また、流れ出すこと。比喩的に、物事が、せきを切ったように広まって行くこと。
※政党評判記(1890)〈利光鶴松〉一「利の発揚する所、害必ず是に潜み、害の放流する所、利必ず是に伴ふ」
② 追放すること。所払いをすること。
蘭東事始(1815)上「蛮人の種子の分は、残らず此地を放流せられしが」
③ 魚を繁殖させるために、稚魚を川・池・海などへ放すこと。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

放流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

放流の関連情報

他サービスで検索

「放流」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.