Rakuten infoseek

辞書

放屁論【ほうひろん】

世界大百科事典 第2版

ほうひろん【放屁論】
江戸中期の本草学者,戯作者平賀源内の戯作の一つ。本編1774年(安永3),後編77年の刊で,80年には源内の他の戯作4編と合わせて《風来六部集》として刊行。本編では放屁を見せ物にして人気のあった江戸両国橋の芸人を素材にして,また後編ではエレキテルを発明した浪人貧家銭内の口を通じて,創造性のない停滞した身分制社会の諸側面を鋭く批判している。短編ながら源内の代表作の一つ。《平賀源内全集》《日本古典文学大系》所収

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

放屁論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

放屁論の関連情報

他サービスで検索

「放屁論」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.