Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

放射伝熱【ほうしゃでんねつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

放射伝熱
ほうしゃでんねつ
radiant heat transfer
輻射伝ともいう。温度差がある2物体が互いに離れているとき,その表面間の放射によるエネルギーの交換をいう。この結果,高温の物体の温度が下がり,低温の物体の温度が上昇する。シュテファン=ボルツマンの法則によると,放射エネルギーは絶対温度の4乗に比例するから,これが高温物体からの熱の発散の主原因となる。太陽熱はこの例である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

放射伝熱
 輻射伝熱ともいう.ある物体から熱が電磁波で放射されて他の物質に伝わる現象

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうしゃでんねつ【放射伝熱】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

放射伝熱
ホウシャデンネツ
radiation heat transfer, radiant heat transfer

ふく射伝熱ともいう.高温の固体表面から発散される熱放射線による熱伝達のこと.伝導対流とともに熱伝達の三形態の一つである.可視光線から遠赤外線までの波長領域をもつ熱線は直進する性質があり,途中にしゃへい物があると吸収されることも光線と同様である.単位面積当たりの放射伝熱量Q J m-2 h-1 は,その表面の絶対温度Tの4乗に比例し,

Q = 20.4 × ε (T/100)4

で表される.ここで,εは固体の表面の種類,状態による係数(放射係数:黒度)で,完全黒体では1.0,耐火物壁では0.6~0.9,研磨したアルミ面では0.04~0.06程度の値である.二酸化炭素,水蒸気,炭化水素などのガス体も,高温度では,低温度で吸収した波長域の赤外線,熱線を逆に放射するようになる.その放射熱量は,ガスの種類,分圧だけでなく,ガスの体積や有効厚さ,温度などによっても変化する.[別用語参照]熱放射

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうしゃ‐でんねつ〔ハウシヤ‐〕【放射伝熱】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

放射伝熱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

放射伝熱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.