Rakuten infoseek

辞書

放出【はなてん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

放出
はなてん
大阪市鶴見区南部の一地区。旧大和川右岸に位置。古くは放手と書き,「はなちで」とも称した。中世荘園の飛び地であったことに由来。八剣 (やつるぎ) 大明神として知られる延喜式内社の阿遅速雄 (あちはやお) 神社があり,疫病よけの神として参詣者が多い。 JR片町線の駅前は商店街。北の寝屋川沿いには石鹸などの中小規模の化学工場が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほう‐しゅつ〔ハウ‐〕【放出】
[名](スル)
吹き出すこと。また、あふれ出ること。「熱を放出する」「エネルギーを光にかえて放出する」
蓄えていたものを外部に出すこと。持っているものを手放すこと。「戦力外の選手を放出する」「冬物衣料の大放出」「放出物資」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ほうしゅつ【放出】
( 名 ) スル
ふき出すこと。はなち出すこと。 「エネルギーを-する」
(国・軍隊などが)たくわえてあったものを外部に提供すること。 「 -物資」 「食糧を-する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

放出
はなてん
大阪市東部、城東区と鶴見区にまたがり、寝屋(ねや)川と旧大和(やまと)川本流の長瀬川などが合流する地。一帯は、古くは諸河川が流入する湖沼で、湖水の放出口があったのが地名のおこりともいう。昭和初期、寝屋川が改修され、市街化も進んだ。現在は、城東工業地域となり、中小工場が多い。JR片町線放出駅があり、国道479号(内環状線)が通じる。[安井 司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

放出」の用語解説はコトバンクが提供しています。

放出の関連情報

他サービスで検索

「放出」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.