Rakuten infoseek

辞書

改革【かいかく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

改革
かいかく
reformation
社会の変動危機に対応し,あるいは適合するように社会的,経済的,政治的諸制度や諸組織,諸政策などを部分的に改善することをいう。したがって社会の基本的な仕組みの全面的変革である革命とは区別される。改革は,既存体制の許容範囲内で改善や改良を重ね,場合によっては変革主体の要求一部を充足することになるが,他方体制の全面的変革や崩壊を防止するという意味をももっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かい‐かく【改革】
[名](スル)従来の制度などを改めてよりよいものにすること。「機構を改革する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かいかく【改革】
スル
基盤は維持しつつ、社会制度や機構・組織などをあらため変えること。 役所の機構を-する
よりよくあらためること。 お花は家政の-を名として/姉と弟 お室

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐かく【改革】
〘名〙
① 不完全なところをあらためかえて、よりよいものにすること。
※土井本周易抄(1477)一「乾之道於是改革する也」 〔後漢書‐黄瓊伝〕
② 国家の基礎を動かさず、暴力的でなく、政治上または社会上の変革をすること。
※続日本紀‐宝亀一〇年(779)九月癸未「若頓改革、還辱緇侶

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

改革」の用語解説はコトバンクが提供しています。

改革の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.