Rakuten infoseek

辞書

改宗【カイシュウ】

デジタル大辞泉

かい‐しゅう【改宗】
[名](スル)今まで信じていた宗教宗派を捨てて他の信仰に入ること。宗旨変え

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいしゅう【改宗 conversion】
特定の宗教の信仰を別のそれに変えること。これは外発的なものと内発的なものとに分かれる。前者は家族や職業などの要請にもとづき,共同生活を円滑に運ぶためにおこなわれる。後者は痛切な人生体験によって自己の属する宗教に疑問をもつことから生ずるもので,いわゆる〈回心〉に基づいてなされることが多い。西欧世界では,カトリックとプロテスタント相互の間で多くみられ,とくにカトリックから他派へ移る場合は棄教,離教,背教などと呼ばれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいしゅう【改宗】
( 名 ) スル
それまで信じてきた宗旨を捨てて、別の宗旨の信仰に転ずること。宗旨がえ。異なる宗教へ変わる場合にも、一つの宗教の中で他の宗派へ移る場合にもいう。 「キリスト教に-する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐しゅう【改宗】
〘名〙 従来信仰してきた宗旨を捨てて他の宗旨に改めること。宗旨を変えること。
※春日権現験記絵詞(1309)一四「後に彼僧人にかたりけるは、改宗の心なけれときをのづからこれを忌てかれにつぐ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

改宗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

改宗の関連情報

他サービスで検索

「改宗」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.