Rakuten infoseek

辞書

改名【カイミョウ】

デジタル大辞泉

かい‐みょう〔‐ミヤウ〕【改名】
かいめい(改名)」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい‐めい【改名】
[名](スル)名前を変えること。また、変えた名前。かいみょう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいめい【改名】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいみょう【改名】
名をあらためること。かいめい。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かいめい【改名】
( 名 ) スル
名を変更すること、また変更した名。戸籍上の名を変更しようとするときには家庭裁判所の許可を要する。 → 改氏

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

改名
かいめい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

改名
名称の変更を指すが,目録法上特記される改名として,個人や団体の名称変更,および地名の変更などがある.改名による新旧の名称およびそれらの間の参照関係は,名称典拠ファイルで管理できる.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐みょう ‥ミャウ【改名】
〘名〙 (「がいみょう」とも) =かいめい(改名)
※高野本平家(13C前)四「行家と改名(カイミャウ)して、令旨の御使に東国へぞ下りける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かい‐めい【改名】
〘名〙
① 名を改めること。改めて名をつけること。現在は、家庭裁判所の許可を得て認められる。かいみょう。〔家伝(760頃)〕
※保元(1220頃か)中「平馬助をば、其の時の別当花山院中納言忠雅と、同名あしかりなんとて、忠員と改名せられてけり」 〔白居易‐江州赴忠州至江陵以来舟中示舎弟詩〕
② 禅宗で、法名を改めること。門派ごとの系字が定まっている時代には転派することを意味する場合もある。
※空華日用工夫略集‐応安三年(1370)六月一日「慶一僧来〈略〉求改名。余不肯、対其人云、凡今時改名、多為名利仏法衰微」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

改名」の用語解説はコトバンクが提供しています。

改名の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.