Rakuten infoseek

辞書

支藩【しはん】

大辞林 第三版

しはん【支藩】
本家から分かれた者が藩主である藩。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

支藩
 江戸時代の山口県のうち、本藩[ほんはん]の萩藩を除いて、4つの小さな藩があり、それらを支藩と言います。それぞれに毛利氏の一門[いちもん]が藩主になっており、徳山藩[とくやまはん]・岩国藩[いわくにはん]・長府藩[ちょうふはん]の3つがありましたが、1653年に長府藩の一部が清末藩[きよすえはん]として独立して、4つの支藩ができあがります。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐はん【支藩】
〘名〙 本家から分かれた者が藩主となっている藩。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉六「幕府則ち水戸の支藩松平大炊頭に鎮撫の令を下しつつ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

支藩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

支藩の関連情報

他サービスで検索

「支藩」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.