Rakuten infoseek

辞書

支脚【しきゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

支脚
しきゃく
standbein
彫刻用語。人体表現において,身体の重みをになうほうの脚を支脚といい,他方遊脚という。両者の力の均衡コントラポストの最も本質的要素となる。この人体の重心の問題はギリシアのクラシック前期 (前 480頃) の彫刻における中心課題であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

支脚
 3個1組にして使い、土器の支えにします。[かめ]でものを煮るために使い、支脚で支えた甕を火にかけます。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しきゃく【支脚】
人体立像で、体重がかかる方の脚。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐きゃく【支脚】
〘名〙 人体立像が片脚に重みをかけ、他の脚を軽く遊ばせて立っているとき、重みのかかっている方の脚をいう。この立像の姿勢をコントラポストという。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

支脚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

支脚の関連情報

他サービスで検索

「支脚」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.