Rakuten infoseek

辞書

支柱【シチュウ】

デジタル大辞泉

し‐ちゅう【支柱】
物を支えるために用いる柱。つっかい棒。
生活や組織の支えとなる重要な存在。また、そういう人。「一家の支柱を失う」「精神的支柱

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しちゅう【支柱】
物が倒れないようにささえている柱。つっかえ棒。
中心になっている人。 一家の-を失う

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ささえ‐ばしら ささへ‥【支柱】
〘名〙 物の落下や倒壊などを防ぎえるために立てる。つっかいばしら。つっぱり。しちゅう。
※若き日(1943)〈広津和郎〉二「縁側の支へ柱の根元に地面から水分が薄黒く上って」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐ちゅう【支柱】
〘名〙
① 物が倒れたり落ちたりしないようにささえる柱。つっかい棒。〔五国対照兵語字書(1881)〕
※鳥影(1908)〈石川啄木〉九「鵜飼橋の支柱が、夜目にそれと見える様になった」 〔後漢書‐章帝紀〕
② (━する) ささえとなること。また、そのもの。家・国などで集合体の中心となる人。大黒柱。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉九「穵林登(ウヱリントン)一人の堅志定力に由りて維持し、その自己に倚頼するに由りて支柱し得たり」
※綿(1931)〈須井一〉二「姉は、近村の製糸工場の女工として、一家の支柱を司ってゐた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つかえ‐ばしら つかへ‥【支柱】
〘名〙 ささえにする柱。つかえ。ささえばしら。しちゅう。
※慶長見聞集(1614)七「つかへ柱をかへ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

支柱」の用語解説はコトバンクが提供しています。

支柱の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.