Rakuten infoseek

辞書

擬古文【ぎこぶん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

擬古文
ぎこぶん
江戸時代中期から明治にかけて,国学者が好んで用いた文体平安時代語法用語,文体を手本とし,それをまねたもので,文学学問消息文に多く用いた。江戸時代の国学者は雅文し,日用的な文の俗文と区別した。明治以降は,森鴎外の『うたかたの記』『即興詩人』などを経て,いわゆる美文へと受継がれていった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぎこ‐ぶん【擬古文】
古い時代の文体にならって書いた文章。特に、江戸中期から明治時代にかけて、国学者などが、主に平安時代の和歌仮名文模範にして書いた文章をいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぎこぶん【擬古文】
雅文,和文ともいう。明治時代から擬古文とよぶようになった。文字どおり古になぞらえる文ので,この場合の古とは平安時代をさしている。広義に解すれば吉田兼好の《徒然草》なども擬古文の一種といえるが,ふつうは江戸時代中期より明治にかけて,主として国学者のあいだに行われた文章をよぶ。平安時代の和歌,仮名文,物語,日記,随筆などにをとり,その用語や語法を研究して,それに準拠した文章をつづったものである。漢語(字音語)をきらい,おもに平仮名をもって,つづっているのが,そのいちじるしい特徴である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぎこぶん【擬古文】
古い時代の作品の文体をまねて作った文章。
江戸中期から明治にかけて、主に国学者・歌人たちが平安時代の和歌や文章を範として書いた文章。江戸時代には雅文と称したが、明治の頃よりこの称を用いた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

擬古文
ぎこぶん
江戸時代に多く国学者が古代の仮名文・和歌を模範としてつくった文。国学者の間には、古代の言語は正雅であり、後世の言語は卑俗であるという価値観があり、それに基づいて制作された。模範となった文は雅文とよばれた平安時代のものが主で、奈良時代のものは古文とよばれて除外されることが多かった。平安時代の文・和歌に用いられている語彙(ごい)・語法を研究し、自分たちの表現に取り入れようとしているが、発想の基盤がその時代の言語にあるため、制作された文は平安時代そのままでないことが多い。文字は平仮名を主とし、漢字・漢語をできるだけ避けているが、鎌倉時代以降の和漢混交文の影響も見逃すことはできない。賀茂真淵(かもまぶち)、村田春海(はるみ)、加藤千蔭(ちかげ)、本居宣長(もとおりのりなが)、石川雅望(まさもち)、藤井高尚(たかなお)、清水浜臣(しみずはまおみ)などの文章がよく知られている。なお、鎌倉時代以降の和文、たとえば『徒然草(つれづれぐさ)』のようなものは、厳密には擬古文とはいえないが、これも分類に入れる考え方もある。[山口明穂]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぎこ‐ぶん【擬古文】
〘名〙 江戸中期から明治時代にかけて、国学者が、古代、特に平安時代の和歌や文章にならい、その語彙、語法を用いて作った文章の一体。平安時代以前の文章を雅言、雅文とする国学者の復古運動に由来する。賀茂真淵、村田春海、加藤千蔭、本居宣長、清水浜臣らのものが知られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

擬古文」の用語解説はコトバンクが提供しています。

擬古文の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.