Rakuten infoseek

辞書

擦文文化【さつもんぶんか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

擦文文化
さつもんぶんか
擦文土器を伴う文化。北海道,東北地方北部に分布し,8世紀頃より鎌倉室町時代に及んだとされ,研究者によっては近世まで続いたとする。北海道の続縄文文化本州から北上した土師器 (はじき) を伴う文化が接触したと推定され,またアイヌ文化に先行する文化として考えられている。おもな生業漁労であったと考えられるが,方形竪穴住居にはかまどがあり,,ひえ,そばなどが出土することによって,小規模な栽培も行われたことがわかる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さつもん‐ぶんか〔‐ブンクワ〕【擦文文化】
北海道の先史文化。続縄文文化に続いておよそ奈良平安時代ころに始まり、近世アイヌ文化に先行する。この文化の土器を擦文土器とよぶことからの命名

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さつもんぶんか【擦文文化】
擦文土器の使用を指標とした文化。北海道の続縄文文化が東北地方の古墳文化の影響をうけて変容,成立した文化で,北海道一円から東北地方北部にも広がりをみせている。この文化の初期に注目される遺構として,江別市恵庭市など道央部に発見されている,いわゆる北海道式古墳がある。律令政府とかかわりのあった人が被葬者と考えられている東北地方の末期古墳と同形で,出土遺物も,土師器(はじき),直蕨手(わらびで)刀,鉄斧鉄鎌銙帯(かたい)金具勾玉や和銅開珎など似たものが多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

さつもんぶんか【擦文文化】
北海道における続縄文文化に続く文化。擦文土器・鉄器を使い、竪穴住居に住み、狩猟・漁労・雑穀栽培を行なった八~一三世紀の文化。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

擦文文化」の用語解説はコトバンクが提供しています。

擦文文化の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.