Rakuten infoseek

辞書

播種性血管内凝固【はしゅせいけっかんないぎょうこ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

播種性血管内凝固
はしゅせいけっかんないぎょうこ
disseminated intravascular coagulation
なんらかの原因によって止血機構のバランスが崩れ、全身的な出血傾向と微小な血栓形成が同時にみられる症候群で、DICと略称される。かならず重症感染症や白血病など種々の基礎疾患があり、その急性または慢性に経過する合併症としてみられる。出血傾向は、止血に必要な血小板や数種の血液凝固因子が血栓材料として消費され消費性凝固障害をおこすとともに、多くはフィブリノゲンの著しい減少のため二次的に線維素溶解現象が亢進(こうしん)して脱線維素症候群をおこすことによる。
 臨床的には紫斑(しはん)、皮下出血、性器出血などさまざまな出血症状と、血栓の多発による昏睡(こんすい)、全身けいれん、乏尿、呼吸困難など各種臓器のさまざまな虚血症状がみられる。治療可能な基礎疾患の早期排除を優先し、白血病などの経過中にみられた場合はヘパリンの点滴静注などDICの治療を併用する。[伊藤健次郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

播種性血管内凝固」の用語解説はコトバンクが提供しています。

播種性血管内凝固の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.