Rakuten infoseek

辞書

撓革【いためがわ】

精選版 日本国語大辞典

いため‐がわ ‥がは【撓革】
〘名〙 牛を火であぶり、または膠(にかわ)を溶いた水につけ、木槌でたたいて固めたもの。撓(いた)めた革。鎧(よろい)の札(さね)や太刀の鐔(つば)などに用いる。
※太平記(14C後)三「面々に持楯をはがせ、其の面にいため皮を当てて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

撓革」の用語解説はコトバンクが提供しています。

撓革の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.