Rakuten infoseek

辞書

撒砂【さんしゃ】

防府市歴史用語集

撒砂
 しおとりが終わると、先に沼井[ぬい]の外側に三日月型に積んでおいた砂を、地場にまきます。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まき‐すな【撒砂】
〘名〙 (「まきずな」とも) 庭園の美観を高め、道路のぬかるみをかためるなどのために敷かれる砂。
※俳諧・毛吹草(1638)四「鼓滝盆山蒔砂(つづみのたきにぽんさんのマキズナ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

撒砂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

撒砂の関連情報

他サービスで検索

「撒砂」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.