Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

摩訶陀【マガダ】

デジタル大辞泉

マガダ(Magadha)
インドのガンジス川中流域、現在のビハール州南部の古称。また、同地方に興った古代王国。前6~前5世紀から栄え、ガンジス川流域を支配仏教ジャイナ教発祥。前4世紀に興ったマウリヤ朝アショカ王は全インドを統一。
[補説]「摩訶陀」「摩伽陀」「摩掲陀」とも書く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

マガダ【摩訶陀】
(Magadha) 古代インドのガンジス川中流域の地名。また、この地を支配した王朝名。前六~前五世紀頃から栄えた。古代インドの政治・経済・文化の中心で、仏教の発祥地。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

摩訶陀」の用語解説はコトバンクが提供しています。

摩訶陀の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.