Rakuten infoseek

辞書

摩擦音【まさつおん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

摩擦音
まさつおん
fricative
肺からの呼気に対声門ないし調音器官が閉鎖をつくらない程度に狭いばめをつくることによって生る音。国際音声字母次のものが用意れている。[Φ][ß] (両唇音) ,[f][v] (唇歯音) ,[θ][ð] (歯音) ,[s][z] (歯茎音) ,[ʂ][ʐ] (そり舌音) ,[∫][ʒ] (硬口蓋歯茎音) ,[æ][ʐ] (歯茎硬口蓋音) ,[ç][j] (硬口蓋音) ,[X][ɣ] (軟口蓋音) ,[χ][ʁ] (口蓋垂音) ,[∇][ʕ] (咽頭音) ,[h][ɦ] (声門音) 。日本語 (東京方言など) では概略的にいって,サ行子音が[s] (ただし,シと拗音は[æ],簡略表記では[∫]) ,母音間のザ行子音が[z] (同じく[ʐ],[ʒ]) ,ハ,ヘ,ホが[h] (人により[χ]も,母音間では[ɦ]も) ,ヒおよび拗音が[ç],フが人により[Φ],[x],[f] ([f]は母音が無声のとき) と表わせる摩擦音である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まさつ‐おん【摩擦音】
肺から口腔を通って出る呼気が、声門・咽頭・口腔内の調音器官のどこかで狭められて生じる音。[s][ʃ][z][ʒ]などの音。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まさつおん【摩擦音】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

まさつおん【摩擦音】
調音方法による子音の分類の一。調音器官を接近させて呼気の通路に著しいせばめをつくり、そこを呼気が通過するときに生ずる噪音そうおん。「すずめ」の[s][z]や、「しじみ」の[ʃ][ʒ]など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まさつ‐おん【摩擦音】
〘名〙
① 両唇、歯と唇、舌と歯茎、舌と口蓋などの間をせばめ、そのき間に気息を通して発する音。f・s・zの音の類。〔発音教授法(1901)〕
② 物などが他の物とすれあうときに生る音。
※砂の女(1962)〈安部公房〉二二「高い夜空で、鳴りつづける、速度のちがう風の摩擦音」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

摩擦音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

摩擦音の関連情報

他サービスで検索

「摩擦音」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.