Rakuten infoseek

辞書

摩擦電気【まさつでんき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

摩擦電気
まさつでんき
triboelectricity
2つの物体摩擦すると,界面を通って電荷の移動が起り,両者を離すと一方が正に,他方が帯電する現象。境界面に生じる熱,ひずみなどのほか,界面の複雑な性質によるものとされている。化学繊維衣類を脱ぐとき摩擦により発生する電圧は2~400V程度である。湿度 30%以下で金属線を織込んでない化学繊維の絨毯を歩くとき,人は1~2万Vにも帯電することがある。摩擦電気固体液体との間にも生じる。化学工業などでは摩擦電気による放電爆発などの災害の原因となることがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まさつ‐でんき【摩擦電気】
異なる二つの物質を摩擦すると生じる正・負の電気。エボナイト毛皮とを摩擦したときに、エボナイトには負の、毛皮には正の電気を生じるなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まさつでんき【摩擦電気】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

まさつでんき【摩擦電気】
異種の物体を互いに摩擦するときに生じる正負の電気。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

摩擦電気
まさつでんき
二つの物体を摩擦すると、正負の電気をもつようになる現象をいう。冬に毛のセーターなどを脱ぐとき、パチパチ音がしたり、衣類が張り付いたりするのは、摩擦電気による放電や正負の電気の間の引力によるものである。摩擦電気は容易に放電をおこすほどの電位を生じさせるが、その電気量はきわめてわずかなので、ちょっとした湿気などでも電気は逃げてしまい、前記の例は、乾燥した冬だけに経験できるものである。摩擦電気の存在は古代よりよく知られており、摩擦によって容易に軽い物体を引き付けられるこはくのギリシア語elektonが、電気を表すエレクトロン、エレクトロニクスなどの語源になっている。[山口重雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まさつ‐でんき【摩擦電気】
〘名〙 異種の二つの物体を互いにこすり合わせたとき発生する電気。二つの物体にはそれぞれ正と負の電気が起こる。〔電気訳語集(1893)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

摩擦電気」の用語解説はコトバンクが提供しています。

摩擦電気の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.