Rakuten infoseek

辞書

摩天楼【まてんろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

摩天楼
まてんろう
skyscraper
建築用語。に達するほど高い建物の味。シカゴでは 1871年の大火を機に,地価高騰,構造技術の進歩,エレベータの開発などを背景として高層ビルが建てられるようになった。これらがシカゴ派の建築と呼ばれるもので,1920年代から 1930年代にはニューヨークにクライスラー・ビル (1930) ,エンパイア・ステート・ビル (1931) などが建てられ,アール・デコ様式によるの全盛期を迎えた。 (→超高層ビル )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

まてん‐ろう【摩天楼】
skyscraper》先端が天をもこするかと思われるほどの高層建築。摩天閣。→天を摩する

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まてんろう【摩天楼】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

まてんろう【摩天楼】
高層建築の意の skyscraper の訳語
天に届くほどの超高層ビル。摩天閣。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まてん‐ろう【摩天楼】
〘名〙 (ニューヨーク市にあるエンパイアステートビルなどをいうskyscraper の訳語) 天を摩するかと思われるような高層建築物をいう。
※紐育(1914)〈原田棟一郎〉ボーリング・グリーン「ブロードウェー第一番地の摩天楼(マテンロウ)ワシントン・ビルディングは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

摩天楼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

摩天楼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.