Rakuten infoseek

辞書

摂取【ショウシュ】

デジタル大辞泉

しょう‐しゅ〔セフ‐〕【摂取】
摂取(せっしゅ)」に同じ。
念仏の人を―して浄土に帰せしむるなり」〈三帖和讃〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せっ‐しゅ【摂取】
[名](スル)
取り入れて自分のものにすること。また、栄養物などを体内に取り入れること。「新知識を摂取する」「ビタミンCを摂取する」
語。仏が衆生(しゅじょう)をおさめとって救うこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

摂取
 生物体内外部物質を取り込むこと.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せっしゅ【摂取】
スル
外部から取り入れて自分のものとすること。 栄養のあるものを-する 海外文化の-
仏、特に阿弥陀仏が慈悲の力によって衆生しゆじようを受け入れて救うこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せっ‐しゅ【摂取】
① 仏語。
(イ) おさめとってまもること。仏が衆生(しゅじょう)を救うこと。
※九冊本宝物集(1179頃)九「摂取の光明は念仏者を照し給ふ」
※歌舞伎・韓人漢文手管始(唐人殺し)(1789)四「凡夫の衆生をせっしゅして捨給はねば、只仮初にも怠らず、南無阿彌陀仏と唱へ給へ」
(ロ) 欲する所を選び出して、おさめとること。
※選択本願念仏集(1198頃)「選択与摂取、其言雖異、其意是同」
② 自分のものとしてとり入れること。また、栄養になる物などを体内にとり入れること。
※光悦本謡曲・殺生石(1503頃)「汝を成仏せしめ、仏体真如の全身となさん。摂取せよ」
※私的生活(1968)〈後藤明生〉二「しょうこりもなく摂取し続けたアルコールによる酔いが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう‐しゅ セフ‥【摂取】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

摂取
せっしゅ
取入れ」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

摂取」の用語解説はコトバンクが提供しています。

摂取の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.