Rakuten infoseek

辞書

携帯【ケイタイ】

デジタル大辞泉

けい‐たい【携帯】
[名](スル)
身につけたり、手に持ったりすること。「非常食を携帯する」
《「ケータイ」と書くことが多い》「携帯電話」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

けいたい【携帯】
スル
身につけたり、手に持ったりして持ち運ぶこと。 -品 雨具を-する
(多く「ケータイ」と書く)「携帯電話」の略。
連れて行くこと。同伴。 七つか八歳のクリ〱と肥つた可愛らしい娘を-す/社会百面相 魯庵

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けい‐たい【携帯】
〘名〙
① 身につけたり、手に持ったりしていること。
舎密開宗(1837‐47)外「石灰水に比すれば携帯に便なり」
② 連れ立って行くこと。同伴
落語・妙な艷種(1898)〈四代目柳亭左楽〉「令夫人携帯と来て居るのだもの」 〔桃花扇帰山

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

携帯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

携帯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.