Rakuten infoseek

辞書

損金算入【そんきんさんにゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

損金算入
そんきんさんにゅう
inclusion in tax deductible expense
法人税法上損金として処理が認められるもの。損金とは法人税法の用語であり,商品や製品の販売による収入,あるいは手数料収入,証券や不動産などの譲渡による収入,貸付金の利息収入など各種の収入を得るためにかかった販売費,一般管理費,完成工事原価およびその他のこれに準じる原価と当該事業年度の損失の額で資本等取引 (資本金,出資金と資本積立金の合計額を変える取引と利益または剰余金の分配) 以外の取引にかかわる費用をいう。会計学における損失の概念と共通するものも多く,それらは大部分が損金算入されるが,いくつかの項目は損金不算入項目といい,法人税法上損金に算入できないことになっている。なお,法人の行う公益性のある事業 (一部の寄付) などについて,政策的観点から特別に損金算入を認める制度もあり,損金算入の特例という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農林水産関係用語集

損金算入
法人が収益を得るために支出した仕入れに要する費用などの経費を必要経費(損金)として計上すること。
特定の支出に関しては損金として計上できなかったり、損金の計上に当たり限度額が定められているものなどがある。

出典:農林水産省

損金算入」の用語解説はコトバンクが提供しています。

損金算入の関連情報

他サービスで検索

「損金算入」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.