Rakuten infoseek

辞書

揚(げ)幕【アゲマク】

デジタル大辞泉

あげ‐まく【揚(げ)幕】
能舞台で、鏡の間橋懸かりとの境に掛ける
歌舞伎で、花道、時には上手(かみて)・下手(しもて)の出入り口に掛ける幕。紺地に劇場の紋を白抜きにする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

能楽事典

揚幕
演者の出入りに際し、二人の後見が、結ばれた竹竿を使って上げ下げします。揚幕の奥が「鏡の間」です。

出典:社団法人能楽協会

世界大百科事典 第2版

あげまく【揚幕】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

揚幕
あげまく
能、歌舞伎(かぶき)の舞台用語。能舞台では橋懸(はしがか)りと鏡の間の境目に下げた幕のことで「御幕(おまく)」ともいう。唐草緞子(からくさどんす)の白、青、赤、黄、黒の5色を縦に並べた幕で、演者の出入りには、後見(こうけん)2人が、幕の裾(すそ)の両端につけた2本の竿(さお)で鏡の間のほうへ跳ね上げる。歌舞伎の揚幕はその変形で、花道の突き当たり、ときに舞台の下手(しもて)、上手(かみて)にもある幕。紺地に劇場または興行会社の紋を白抜きに染め、左右に開閉する。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

揚(げ)幕」の用語解説はコトバンクが提供しています。

揚(げ)幕の関連情報

他サービスで検索

「揚(げ)幕」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.