Rakuten infoseek

辞書

揖保川【いぼがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

揖保川
いぼがわ
兵庫県南西部,たつの市南西部の旧町域。揖保川下流右岸に位置する。 1951年半田村,神部村,河内村の3村が合体して町制。 2005年龍野市,新宮町,御津町と合体して,たつの市となった。 JR山陽本線竜野駅のある山津屋付近は江戸時代,西国街道と室津街道の接点にあたり,宿場町として栄えた。醤油醸造で知られるほか,果樹を中心とする近郊農業地区。姫路市郊外の住宅地にもなっている。江戸時代の豪農の屋敷である永富家住宅は国の重要文化財。南部は瀬戸内海国立公園の西播地区に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

揖保川
いぼがわ
兵庫県南西部を流れる川。中国山地東部の藤無山 (1139m) 付近に源を発する三方川と,戸倉峠 (891m) 付近に発する引原川宍粟市で合流し,揖保川となって播磨灘に注ぐ。全長 71km。引原川上流の引原ダムは 1958年建設の多目的ダム。中流域は県内随一の美林地帯,下流域は播磨穀倉地帯と臨海工業地域。水質がよく,上水源としても重要。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いぼ‐がわ〔‐がは〕【揖保川】
兵庫県南西部を流れる川。中国山地東部の戸倉峠(標高890メートル)に源を発し、南流して姫路市網干(あぼし)区で播磨灘(はりまなだ)に注ぐ。長さ71キロ。水質がよいため、たつの市付近では淡口醤油(あわくちしょうゆ)、そうめんの生産が盛ん。下流は播磨臨海工業地域。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いぼがわ【揖保川】
兵庫県西部,鳥取との県境付近に発し,姫路市網干(あぼし)で播磨灘にそそぐ川。幹川流路延長70km,全流域面積810km2。兵庫県最高峰の氷ノ山(ひようのせん)の南側斜面に発する引原川が,宍粟(しそう)郡一宮町で三方川と合流して揖保川となる。流路の2/3は播但山地の狭い山間を縫い,山崎町付近で谷底平野がみられるようになり,竜野市付近から市川夢前(ゆめさき)川とともに複合三角州を形成して播磨平野の穀倉地帯となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本の地名がわかる事典

〔兵庫県〕揖保川(いぼがわ)

兵庫県西部を流れる川。1級河川(揖保川水系)。延長70km。流域面積810km2。中国山地の藤無(ふじなし)山(標高1139m)に源を発し、南流して引原(ひきはら)川・林田(はやしだ)川などと合流。姫路(ひめじ)市で中(なか)川を分流し、播磨灘(はりまなだ)に注ぐ。河口には三角州が発達。上流部は倉床(くらとこ)川とも。中流域の龍野(たつの)市では良質な河水を利用し、薄口醤油(しょうゆ)・手延べ素麺(そうめん)を生産。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

揖保川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

揖保川の関連情報

他サービスで検索

「揖保川」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.