Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

提灯網【ちょうちんあみ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

提灯網
ちょうちんあみ

網漁具のうち、魚群の上にかぶせてとる掩網(かぶせあみ)の一種。木、竹あるいは合成材料で、高さ1~3メートル、下部の円形枠の直径1、2メートルの円錐(えんすい)形に近い、いわゆる提灯状の枠をつくり、その枠の内側に枠と同形の網地を取り付けたものである。河川、湖沼あるいは浅海で、ナマズ、ボラ、コイ、フナ、アユ、エビ、イセエビそのほかの雑魚(ざこ)を直接あるいは藻場(もば)や砂泥中に駆り立ててから、この網をかぶせたあと、手綱を緩め袋状になった網の中へ追い込んでとる。

[笹川康雄・三浦汀介]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょうちん‐あみ チャウチン‥【提灯網】
〘名〙 茨城県霞ケ浦で、冬季、藻の底に沈んで生息するフナを取る網。〔俚言集覧(1797頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

提灯網」の用語解説はコトバンクが提供しています。

提灯網の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.