Rakuten infoseek

辞書

接頭辞【せっとうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

接頭辞
せっとうじ
prefix
接辞の一つ。それ自身単独で発話されることがなく,常に語根自立語 (または自立語に音形も意味も似た形態素 ) に前接して全体で一語を形成し,その語根や単語に語義的特徴ないしは文法的特徴を加える役割を果す言語形式をいう。「お-寺」「まん-中」,prefixなど。接頭辞には「オ-」のようにいまなお生産力がある生きた接辞と,「素-手」「素-足」「素-顔」の「素-」のように限られた単語にしかつかず,すでに生産力を失ったものとがある。「か-弱い」「た-やすい」「さ-霧」などにおいては,現在では意味が不明瞭か不明なものになっている。接辞は自立性の点で合成語の構成要素と区別されるが,「うち-明ける」「さし-戻す」など,その固有の意味が失われ,境界線上にあるものもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せっとう‐じ【接頭辞】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せっとうじ【接頭辞】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せっとうじ【接頭辞】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せっとう‐じ【接頭辞】
※日本口語文典(1906)〈鈴木暢幸〉二「助の辞を、己に結合すること往々あり。〈略〉而して、名詞の頭に接するものを接頭辞と称し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

接頭辞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

接頭辞の関連情報

他サービスで検索

「接頭辞」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.