Rakuten infoseek

辞書

接頭語【セットウゴ】

デジタル大辞泉

せっとう‐ご【接頭語】
語構成要素の一。単独では用いられず、常に他の語の上について、その語とともに一語を形成するもの。語調を整えたり、意味を添加したりする。「お話」「こ犬」「御親切」などの「」「」「」の類。接頭辞。⇔接尾語

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せっとうご【接頭語】
単語の構成要素の一つ。それ自身は単独に用いられず,つねに他の単語の前に結合してこれをいろいろに限定する。接頭語をつけると,もとの単語は独立性を失い,連声(れんじよう)が行われることもあり,アクセントが変わることが多い。結合してできた語形,派生語は,まったく1個の単語として働き,その品詞性はもとの単語に従う。接頭語には,カ細(ぼそ)い,ヒ弱い(カタカナで示される部分が接頭語。以下同様)などのように今日では限られた結合しかない,したがって意味の明確に取り出しにくいものから,マッさお,スッぱだか,コざっぱりなど比較的結合の自由なものまであり,さらにミ仏,オ車,ゴ成功などの敬語の1類はよほど自由な結合をして,ふつうに連濁を起こさない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せっとうご【接頭語】
接辞の一類。常に他の語の前に付いて用いられる語構成要素。「お寺」「ま昼」「か細い」などの「お」「ま」「か」の類。接頭辞。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

接頭語
せっとうご
接辞のうち、語基の前に添加されるもの。通常「接頭語」とよばれるが、これは独立の語ではないので、厳密には「接頭辞」とよぶほうがよい。このように定義しても、「うち明ける」「さし出す」の下線部のように、接頭語と認めるべきか否か、判然としない場合がおこりうる。日本語では、種類、量ともあまり多くはなく、接頭語の造語力は乏しいということができる。日本語、英語を通して、接頭語は一般に意味を添えるだけで、文法上の性質を変えることは少ないが、英語の enlarge, encourage, discourageの下線部は、品詞を変えている例である。日本語では、和語系の接頭語は、奈良時代や平安時代には造語力が高かったが、現代では、「お―」「おお―」などを除けば、生産力が強いとはいえない。それに比べて、漢語系のものは種類が多い。国立国語研究所の調査では、接頭語的に用いられた一字漢語は250種類もあるという。とくに、否定を表す「無―」「不―」「非―」「未―」などは、造語力が高い点で注目される。最近では、「アンチ―」「ウルトラ―」「スーパー―」「ノー―」「ノン―」などの外来系の接頭語も無視することはできない。英語では、ゲルマン系(たとえば、 awake, forget)、ラテン系( ultra-violet, prologue)、ギリシア系( autobiography, syntax)を含めて、学者により若干の異なりがあるが、約70種類の接頭語があるとされている。このうち、今日でも高い造語力を備えているものは約25種類である。[杉浦茂夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せっとう‐ご【接頭語】
〘名〙 語構成要素の一つ。独立した一語としての機能をもたない造語成分(接辞)のうち、語や語基の前につくもの。語調を整えたり意味を添えたりする。「こ雨(さめ)」「お手紙」「御親切」「どん底」「たやすい」などの「こ」「お」「御」「どん」「た」の類。なお、「うちあける」「さしおさえる」の「うち」「さし」のように、動詞語源のたどられるものは接辞としての取扱いに問題がある。接頭辞。接頭。
※語法指南(1889)〈大槻文彦〉接頭語 発語「接頭語(セットウゴ)(Prefix.)は、常に他語の頭に接(つ)きて、熟語となりて、其意義を添ふる語なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

接頭語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

接頭語の関連情報

他サービスで検索

「接頭語」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.