Rakuten infoseek

辞書

接見【セッケン】

デジタル大辞泉

せっ‐けん【接見】
[名](スル)
身分の高い人が公式に会見すること。引見。「首相が外国大使に接見する」
身体の拘束を受けている被疑者被告人と、弁護人などが面会すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

接見
身柄を拘束されている容疑者や被告と面会すること。刑事訴訟法では、弁護人は警察官検事検察事務官の立ち会いなしに原則的にいつでも面会でき、書類や物の授受もできる。警察検察側は起訴前で捜査に必要性があるときに限って日時や場所を指定できるとしている。その場合も、容疑者・被告側の権利を不当に制限してはならないと規定する。
(2008-03-13 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

世界大百科事典 第2版

せっけん【接見】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せっけん【接見】
スル
客に会うこと。特に、身分の高い人が公の立場から客を引見すること。 大統領が外国大使を-する
身体を拘束されている被疑者・被告人と弁護人などが面会すること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せっ‐けん【接見】
〘名〙 直接に面会すること。会見すること。対面すること。引見。
※参天台五台山記(1072‐73)二「離忻接見之儀。益鮮延客之具」
※刑事訴訟法(1948)三九条「立会人なくして接見し、又は書類若しくは物の授受をすることができる」 〔春秋左伝注‐昭公四年〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

接見」の用語解説はコトバンクが提供しています。

接見の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.