Rakuten infoseek

辞書

接尾辞【せつびじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

接尾辞
せつびじ
suffix
接辞の一つ。それ自身単独で発話されることがなく,常に語根語幹自立語 (または自立語に音形も意味もよく似た形態素 ) に後接して派生語を形成する形態素をいう。 (1) 「子供-たち」,(2) 「人間-的」,(3) 「高-さ」,(4) 「春-めく」などがその例。 (1) では,もとの自立語と品詞は同じままで,新しい意義特徴が加わっている。 (2) は漢語からの接尾辞であるが,もとの自立語とは文法的機能を異にしている。 (3) では,もとの形容詞 (またはその語根かつ語幹) から名詞を派生している。 (4) では,名詞から動詞を派生している。ただし,接尾辞を語幹と語尾に区別するとすれば,「-めく」の-meが語幹形成の接尾辞で,-kuが活用語尾となる。 cat-sや high-erも広義の接尾辞であるが,狭義では語尾である。なお,国語学では,接尾辞の代りに「接尾語」と呼ぶことが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せつびじ【接尾辞】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せつびじ【接尾辞】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せつび‐じ【接尾辞】
※日本口語文典(1906)〈鈴木暢幸〉二「接尾辞とは、名詞(代名詞)の下に附きて、意義を付け添ふる性質のものなるが」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せつび‐じ【接尾辞】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

接尾辞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

接尾辞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.