Rakuten infoseek

辞書

接尾語【セツビゴ】

デジタル大辞泉

せつび‐ご【接尾語】
語構成要素の一。単独では用いられず、常に他の語の下について、その語とともに一語を形成するもの。意味を添加するもののほかに、上の語の文法的機能を変える働きをもつものがある。「彼ら」「殿さま」などの「」「さま」は前者、「深さ」「春めく」「男らしい」などの「」「めく」「らしい」は後者の例。接尾辞。⇔接頭語

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せつびご【接尾語】
単語の構成要素の一つ。接頭語とともに接辞という。それ自身は単独で用いられず,常に他の単語(または単語の中心的意味を負う部分)の後に結合して,いろいろの意味を添える。接尾語の結合した語形を,単語と単語の結合である複合語に対して派生語とよぶ。派生語はアクセントでも文構成上の資格でも,まったく1個の単語と同じ働きをし,その品詞性は接尾語が決定する。体言をなす接尾語には,サン,クン(以下,接尾語はカタカナで示す)などの敬称,ラ,ドモ,タチなどの多数称,メ,タリ,ニン,マイ,エン,ツボ,ミリなどの助数詞,その他カ(化)(例:正当化),ケイ(形)(例:三角形),シュ(手)(例:信号手)など体言に結合するもののほか,動詞につく話しテ,寝入りバナ,出ガケ,駈けッコ,形容詞・形容動詞につく深サ,柔らかミなどがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せつびご【接尾語】
接辞の一類。常に他の語のあとに付いて用いられる語構成要素。「神さま」「子供たち」「春めく」「寒さ」などの「さま」「たち」「めく」「さ」の類。「さま」「たち」などのように意味を添加するだけのものと、「めく」「さ」などのように文法的機能を果たすものとがある。接尾辞。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

接尾語
せつびご
接辞のうち、語基の後に添加されるもの。通常「接尾語」とよばれるが、これは独立の語ではないので、厳密には「接尾辞」とよぶほうがよい。このように定義しても、「漕(こ)」「知らんふり」「書きだす」「宣伝マン」「悲観ムード」の下線部のように、接尾語と認めるべきか否かについて、意見の相違がおこりうる場合がある。接頭語と比べて、接尾語は種類も多く、造語力も高い。
 接尾語には一般に、〔1〕意味だけを添えるものと、〔2〕意味に加えて、語基の語の文法上の性質を変えるものとがある。日本語では、〔1〕の例として、「社長さん」「青果」「会社」など、〔2〕の例として、(1)名詞をつくる「寒」「寒」「弱」、(2)形容動詞の語幹をつくる「楽し」「うれしそう」、(3)形容詞をつくる「重々しい」「女性らしい」、(4)動詞をつくる「サボ」「ジョギングする」「迷惑がる」「春めく」、(5)サ変動詞の語幹をつくる「合理」「同一」、(6)副詞をつくる「とく」「はっきり」「事実」などがある。これらの例のような和語系、漢語系のものに加えて、「ゆっくりズム」「頑張りスト」のような外来系の接尾語もある。
 英語では、屈折接尾語(boys, deeper, painted, painting)と、派生接尾語(boyish, deepen, painter)とを区別するが、狭義の接尾語は後者だけをさし、本稿でもそれに従う。〔1〕に属するものは少なく、「指小」を示すcabinet, manikin, leafletなどがこれにあたる。〔2〕は、(1)人を表す名詞をつくるbaker, spinster、(2)抽象名詞をつくるfreedom, kindness、(3)形容詞をつくるearthen, boyish、(4)動詞をつくるdarken, clatter、(5)副詞をつくるactually, afterward(s)などがある。〔2〕であげた例はすべてゲルマン系であったが、それらに加えてラテン系(student, assistance, brilliant)、ギリシア系(democracy, realize)の接尾語もある。[杉浦茂夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せつび‐ご【接尾語】
〘名〙 語構成要素の一つ。独立した一語としての機能をもたない造語成分(接辞)のうち、語や語基のあとにつくもの。日本語では意味を添加するだけのもの(「神さま」「山本君」「こいつめ」の「さま」「君」「め」など)と、文法的機能を果たすもの(「寒さ」「汗ばむ」「女らしい」「ほがらか」の「さ」「ばむ」「らしい」「か」など)がある。後者には助動詞との区別に問題のあるものがある。インド‐ヨーロッパ語では、語根のあとにつき、屈折語尾に先立つ要素とされる。接尾辞。接尾。
※語法指南(1889)〈大槻文彦〉接尾語「接尾語(セツビゴ)(Suffix.)は、常に他語の尾に接(つ)きて熟語となるものにて、他語を名詞とするあり、動詞とするあり、形容詞とするあり、副詞とするあり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

接尾語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

接尾語の関連情報

他サービスで検索

「接尾語」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.