Rakuten infoseek

辞書

接写【セッシャ】

デジタル大辞泉

せっ‐しゃ【接写】
[名](スル)被写体にレンズを近づけて写すこと。また、その写真。近接撮影。マクロ撮影。「花を接写する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典

接写
 被写体に近づいて撮影すること。明確にここからが接写という基準はないが、花のアップ・昆虫の撮影・小物の撮影などのような、小さな被写体を撮影することを言う場合が多い。クローズアップ撮影とも言う。 → マクロレンズ

出典:カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せっしゃ【接写】
( 名 ) スル
写真で、レンズを被写体にごく近づけて撮影すること。 「草花を-する」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

接写
せっしゃ
撮影用語。一般に1メートル以内の写真撮影を接写、クローズアップclose-up、略してアップなどとよぶ。50~20センチメートル程度に近づいて写すようになれば本格的な接写で、ピント合わせや露出調節に独自の撮影技術が要求される。たとえば被写界深度がたいへん浅くなるため、最小絞りかそれに近い小絞りを使う必要があり、またレンズとフィルム面の間隔が長くなるため、撮影倍率に応じて露出を増加しなければならない。草花の接写、昆虫や小動物の生態撮影、学術研究上の小資料の撮影など、接写の技術はかなり広範囲にわたって応用されている。一般のカメラのレンズは、その焦点距離の10倍程度の距離にまで近づいて写せるが、それより近づくには、クローズアップ・レンズとよばれるアタッチメント・レンズ、レンズの繰り出し量を補足する接写リング中間リング)やベローズ(蛇腹(じゃばら))、超近接の拡大撮影でレンズを逆に取り付けるためのリバースリング、接写のときに見やすい特殊なファインダーなどの専用機材が利用される。また近接性能に重点を置いた設計のマクロレンズもあり、これらを使用することにより、一眼レフカメラの特性を十分に活用することができる。[小池恒裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

接写」の用語解説はコトバンクが提供しています。

接写の関連情報

他サービスで検索

「接写」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.