Rakuten infoseek

辞書

探題【たんだい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

探題
たんだい
(1) 経典論議 (竪義 ) の際に問を選び,討論可否判定する役目学徳の高い侶が任じられた。 (2) 鎌倉室町幕府の職名。特定地域を管轄,統制した。鎌倉幕府には六波羅探題九州探題長門探題があり,北条氏一族が任じられた。室町幕府には九州探題,奥州探題羽州探題があり,足利氏の一族が任じられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たん‐だい【探題】
詩歌で、いくつかの題の中からくじで探り取った題によって作ること。さぐりだい。
寺院で経典を論議するとき、論題を選定し、問答後にその論旨の可否を評定する役僧。題者。探題博士。
鎌倉室町幕府の職名。遠隔の要地において、その地方の政治・軍事裁判などをつかさどった。六波羅探題鎮西探題九州探題奥州探題など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんだい【探題】
(1)仏教教学における僧の役名。学問僧の資格試験〈竪義(りうぎ)〉の出題採否にかかわる最高責任者。竪義は,経論の要義を問答の中で披瀝する論義という形式で行われるが,探題はその論題を選定し,論義の経過を見届けて採否を慎重に吟味し,最終的な判定を行う。受験する学問僧は竪者(りつしや)と称し,問題を発する問者(もんじや)を相手に様式に準じて解釈等の解答を述べる。竪者の解答の様子を審査する役に精義者(せいぎしや)があり,通常の論題にさらに難問を付加したりする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たんだい【探題】
詩歌の題詠の一。いくつかある題の中から、くじで探りとった題によって詠むこと。探り題。
竪義りゆうぎと呼ばれる仏典の問答の際、出題および解答の判定を行い、全体を総括する僧。
鎌倉時代、執権・連署など政務の長官の別名。
中世、幕府から地方に派遣され、政務・訴訟の裁断・軍事をつかさどる地方長官。鎌倉時代には六波羅探題・鎮西ちんぜい探題など、室町時代には九州探題・奥州探題などが置かれた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さぐり‐だい【探題】
〘名〙 歌の会などで、人々が題をくじびきで決めて、歌を詠むこと。たんだい。
※金葉(1124‐27)冬・二五九・詞書「御前にて殿上のをのこどもさぐり題して哥つかうまつりけるに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たん‐だい【探題】
〘名〙
[一]
① 詩歌や俳句の会で、いくつかの題を出し、各人がくじで探り取った題によって詩歌をよむこと。さぐりだい。
※散木奇歌集(1128頃)春「同じ殿下にて、探題の歌よませ給ひけるに、桜をとりてよめる」 〔王建‐送韋処士老舅詩〕
② 法会の論議の時、論題を選定し、問答の可否を判定する役の僧。探題博士ともいう。題者。
※貞信公記‐抄・延長五年(927)九月一日「基継律師辞探題
[二] 中世、幕府の要職名。探題職。
① 鎌倉幕府の執権・連署と六波羅探題・鎮西探題(ちんぜいたんだい)をいう。
※沙汰未練書(14C初)「探題 探題者、関東者両所、京都には六波羅殿を云也」
② 室町幕府の遠国職。遠隔の要地に置いてその地方の政務・訴訟・軍事をつかさどった。九州探題・奥州探題・羽州探題などがある。
※太平記(14C後)一「又永仁元年より、鎮西に一人の探題(タンダイ)を下し、九州の成敗を司しめ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たん‐だ・える ‥だへる【探題】
〘他ハ下一〙 たんだ・ふ 〘他ハ下二〙 (名詞「探題(たんだい)」の動詞化した語か)
① たぐってさがし求める。さぐりたずねる。たんだゆ。
※謡曲・土蜘蛛(1570頃)「この血を探題へ、化生の者を退治仕らうずるにて候」
② たぐってせんさくする。吟味する。考える。たんだゆ。
※玉塵抄(1563)二「云つけたことの功をないたかなさぬを、たんだえ、かんがゆることを、つかさどったぞ」
[補注]ヤ行にも活用した。→たんだゆ(探題)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たん‐だ・ゆ【探題】
〘他ヤ下二〙 (ハ行下二段動詞「たんだふ」から転じて、室町時代頃から用いられた語。多くの場合、終止形は「たんだゆる」の形をとる) =たんだえる(探題)日葡辞書(1603‐04)〕
※浄瑠璃・加賀国篠原合戦(1728)三「久し振の娘が顔、見て腹立る親心、根をたんだゆればかはいひから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たん‐だ・う ‥だふ【探題】
〘他ハ下二〙 ⇒たんだえる(探題)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

探題」の用語解説はコトバンクが提供しています。

探題の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.